カルチャーショック オフィシャルサイト▷▷▷ チャック語録



更新履歴

取得中です。


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

チャク語は世界の共通語


日本語・英語・フランス語…世界にゃ国の数だけ言葉があるけれど、みんなの心をつなぐ合言葉そんな言葉はただ一つ。
今日もどこかで聞こえるでしょう?─────「バイチャック!」「バイチャック!」─────

チャク語辞典 まだまだ編集中!皆さんいっぱい書いてね♡

バイチャック  「さようなら」の意。ライヴ後の打ち上げが終わって言うと、爽快な風が吹くらしい。類似語に「byチャック」というものがあるが、これはチャックによるという意味である。

チャッキングマイハー  2003年8月まで放送された伝説のラジオ番組「カルチャーショックのタコもスルメもイーカんじ?!」の「ラブポエム」という村井担当コーナーで、その日の投稿の中で一番村井が感動したポエムに対し彼が叫んだ言葉。ファンの中ではこれを叫ばれるのはひとつのステータスであったが、競争率が高いため、2003年2月の武道館ライブでファンが村井のソロ時に「チャッキングマイハー」コールをし、お返しにファン全員に村井がチャッキングマイハーを言い、それ以来みんなのボルテージが最高潮になったときの合言葉になった。ちなみに「chackking my heart」からきている。

チャックメイト  カルチャーショックのファンの事。同義語にチャックメイツ、チャクメ、チャクメロ(チャックにメロメロの意)がある。

チャック名台詞集

~もいとわない。  sayさんが決断のときにたまに使う言葉。いまどきの言葉に直すとつまりは「やっちまいな!」ということ。1stシングルの「さあ立て、馬のごとく!」の初回100万枚プレスもsayさんの鶴の一声があったからだそうだ。

雨が降ってきたね…  韓国ドラマ「文化的☆衝撃」においての村井のセリフ。第4話、かつての師だった団長との再会。そして再びそれぞれの岐路を歩き出すふたり。ラストに団長の後ろ姿を背に村井は星空を眺めながら言う。「…雨が降ってきたね…」と。視聴者のお察しの通り、ここでの「雨」とは瞳からさめざめと降る雨のことである。 

だってよ、だってよ  龍こと山田さとるがいじけたときによく使う。まさに、「さとるチャン」に戻る瞬間である。普段は質実剛健な龍もロケ弁が一つ足りない、などの大惨事にみまわれると途端に弱肉強食の弱者になるのである。そこをなだめるのがsayさんであり、村井であり、リヴであり、丸井である。sayさんはなだめるというより、自然の摂理についての説明を行い、龍を知らず知らずのうちに納得させる。村井は「こういうときは言葉よりも行為で示すのが一番さ☆」と豪語し龍を冗談混じりで抱きすくめるのだが、龍にたいそうキモがられるので、逆にちょっとさみしい気持ちになるのである。女の子なら死ぬほど喜んでくれるのに…。リヴちゃんは「じゃあアタシのおべんと分けてあげるぅ!」と自分のお弁当を龍にさしだすのだが、その中身は、えびフライの尻尾やら漬物やら梅干の色が移ったごはんのとこだけ、というラインナップである。リヴの無垢な瞳の輝きに負ける龍であった。そして、オチとしてやはり、龍の分のお弁当を食べたのは丸井ちゃんだということが判明する。

所詮、僕はピエロさっ  1998年アリーナツアー地方公演の最終日の打ち上げの際に村井が酔いつぶれて放っちゃったワード。その日は村井の生誕記念日だったらしく、ファンからの無数の花束・スタッフからのバースデーケーキ・メンバーからの祝福の言葉など、至れり尽くせりのバースデーだったらしい。そのあとライヴ終了と誕生日があいまっての開放感からか村井は酒のピッチがドンドコ上がり、しまいには店中の酒を飲み干すという酒豪ぶりを見せた。もう誰にも止められない暴走列車と化した村井は止める龍を殴り倒し馬乗りになり、sayさんのローブをはごうとし、リヴちゃんをお姫様ダッコしたまま離さなかったり、丸井ちゃんのメガネを取り上げホッペにちゅーしたりと、ここでは記載しきれない数々の悪行をしでかした。そしてスタッフの制止を振り切り走り抜けた村井は公園のブランコに乗り、「ムニャムニャ所詮、僕はピエロさっ…ウィ違う!!もうピエロじゃないんだ!ヒック、クー…」叫び終えると眠り込んでしまう村井であった。翌日、スタッフやメンバーがカンカンなのに対し村井は「みんなどうしたの?昨日はよく寝たなぁ。なんだか夢を見ちゃったよ。紳士な僕が暴走しちゃうゆ・め♡」無意識の確信犯、それが村井清隆6才。