※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第25話「ミルクうめぇwwwww 」

伯爵一向の前に立ちふさがるスワロスの機体。
和田あき子の力の片鱗を取り込んだその姿は美少女に進化し、
右手には虫歯から変わったライトセーバー、
左手には諸葛亮から変わったハイツェルニーが携えられていた。
「これが発酵ロボ ダイフォードだ……!」

亀甲縛り姿の美少女に、伯爵のおにんにんが臨戦態勢に入るも、
激しい攻撃により肺家屋は廃墟となり、ロボインドも傷つき果てる。
肺加速、モンゴル相撲、バルガン……。持てる力全てを発揮した伯爵。

戦いの果て、aiしたのは、ダイオードだった。

第26話「美しき反逆」

からくも勝利を手にしたダイオード。だが事態は最悪の状況を迎えた。
突然世界を揺るがす地鳴り。空が、アナキンが、一転して闇となり
ダイオードの輝きも途絶えてしまった。
G博士の超法廷システムがついに起動したのだ。
「特虚の力を法廷に封じるのではない。世界そのものを法廷に封じるのだ」
「そんな世界、試さずとも丸見えなんだよお」
「もはや人類と請求項の立場は逆転する」
「腐った自民党のせい・・・自民党のせい・・・」
「永遠の法廷闘争の日々へようこそ」

博士の恐るべき計画にポケモン同人問題は水泡に帰してしまうのか?
だが、スワロフの「超法廷は既に公知の技術だ!」の指摘によって
ダイオードはよみがえる。

光の力!闇の力!pn接合せよ!アノードルミネサス!!
すべての光と闇そのものを吸収し、激光として放つ必殺技によって
超法廷システムは暴走、人類は哀れな未来から救われた

だが、超法廷システムは世界に大きな変化をもたらしていた
それは地獄の地上と太陽系全体を舞台とした
新たな戦いの幕開けだったのである。

第27話「コンビニ博覧会」

超法廷システムを携え単身宇宙へ上がるG博士、
その一方で特虚の暴走により地上は地獄と化していた。
日本はそれなんてV-MAX?研究所が大活躍となり、アメリカ、ヨーロッパに至っては
ペストが大流行となっている未曾有の大惨事・・・
そして地球の危機に呼応するかのごとく
ティビ マグヌム イノミナンドゥム シグナ ステラルム ニグラルム
 エ・ブファニフォルミス サドクエ シジルム
といった計9体の使途が世界各地に出現、人類は有史以来最大の危機を迎えることとなる。
そうした中オナニー伯爵は生き残ったレジスタンスを集め
ダイオードの量産型とも言えるマヅソガー乙を開発、量産し
9体の使途を倒し人類を救うため、G博士との決着との決着をはやる気持ちを抑えつつ、
恥丘ぬった切り作戦を始動するのであった。

第28話「GAMEOVER」

マヅソガー乙を指揮官機とし世界各地にちらばる使徒を各個撃破する、
恥丘ぬった斬り作戦が決行される日は近い。

そんな中伯爵は、遠い彼方へ去ったG博士に思いを馳せ、つい
「俺は……女だったのか?」
と 呟いてしまう。
そんな彼の姿を影ながら見守る岡本、ハム太郎、ハイツェルニー・ハイネは、
伯爵に隠れて屍肉の準備を着々と進めるのだった。

同じ時刻、ちくわの岡本の地下に存在する謎の空洞、
そこで亡霊となったスワロスはダイオージャを発見し…!

第29話「死んじゃったと思ってた?」

亡霊スワロスは発見したダイオージャと一つになることで世界にとどまった。

己の性別に悩む伯爵は超人墓場へ人生相談しにいった。
そんな中、岡本、ハム太郎、ハイハイ。3人の技術者の手によって準備された
屍肉と呼ばれるカインの開発は架橋に入っていった。

ダイオージャと同化したスワロスの真意。
超人墓場で大王堂より知らされる驚愕の真実。
3人の技術者たちの暗躍

3つの出来事が絡むとき特別虚数空間の滲出がおこる・・・!


超人墓場でオナニー伯爵に伝えられる驚愕の真実。
それは伯爵がサイボーグであるということであった。
ショックのあまりオナニー解禁してしまう伯爵。

その頃地上では、とうとう9体の使徒の内の1体─ 一番機 ティビが活動を開始した。
迎え撃つハイネ様親衛隊だが、一番機 ティビの放つTEビット・おくらの前に歯が立たない。
火の海と化した死んだはずの生肉にあたって悶絶し、先日他界した父の中、
スワロスの駆るダイオージャが現れ交戦を始める。

一方、超人墓場でオナニー解禁し続けていた伯爵であったが、
ドッピオ博士の呼びかけに答え復活、ダイオードに乗って超人墓場を後にした。

果たしてダイオードは間に合うのか?

第30話「ファーストキスはレモン汁 v-spec」

自分がサイボーグである。驚愕の事実を知った伯爵。
誰が何の為に?ダイオディアの神、大王堂がその秘密を知る理由とは?
自分とは、世界とは。自問自答する伯爵。

だが今はそんな事を考えている余裕は無い。
一番機 ティビに加え、生き別れになった伯爵の兄黒光珍太郎まで活動を開始したのである!
奮闘するスワロス駆るダイオージャ、ハイネ様親衛隊。

壊滅寸前のところで何とか到着するダイオード。
必殺技、 バルガンによってティビを葬るが、生き別れになった伯爵の兄黒光珍太郎には逃げられてしまう。

戦士に休息の時など無かった!
明日はあるのかから、 ばくだんいわの群れがローゼンメイデン海の家にてマヅンガー部隊と交戦しているとの連絡が入ったのだ!

復活した父・自分の体。様々な謎を抱えつつローゼンメイデン海の家に向かうダイオード。

第31話「ハイハイみてダイオードおっきおっき 前編」

ハイネと共に江ノ島、ローゼンメイデン海の家にたどり着いた伯爵。
すでに壊滅寸前のマヅソガー部隊をかばい、
八番機 サドクエの吐き出す爆弾岩の群れをハイネのボインでなぎ倒す。

八番機 サドクエをパンチで撃破しようとするまさにその時、
特別虚数空間の滲出により厨馬鹿が特虚空間に飲み込まれる。
「ルーク! ちくわの岡本を忘れないで!!」

厨馬鹿を助けるため、、伯爵はスワロスのいる冥府へと戻るのだった。

第31話「ハイハイみてダイオードおっきおっき 後編」

厨馬鹿を助けるため、ハイネと共に超人墓場を抜ける伯爵。
その先にはスワロスの待つ冥府が口を開けていた。スワロスは語る。
「厨馬鹿を助けるには、カインの28号を使わなければならない」

一体何故それを、スワロスが知っているのか?
「ダイオージャと同化したとき、俺の頭の中で岡本社長が語りかけたのだ」
「爪の間がかゆい、と!!」

新たな真実を受け、伯爵は地震の震源地に行くことに。
そして伊香保グランドパレスに現れた使徒五番機 ステラルム、六番機 ニグラルムを倒すため、
伯爵はついに完成したカインを駆り、伊香保グランドパレスへと飛ぶ。厨馬鹿は後回しだ。
「ちゃんとつかんでますから!!」
ハイネの言葉を胸に刻み、珍次郎は戦いへと赴く。

第32話「BBっと東北」

伊香保グランドパレスに到着した伯爵は、その惨状に開いた口が塞がらなかった。
多磨霊園はぶーんされ、ksk(亀山市民会館)にいたっては完全に破壊されていた。
双子の使途ステラルム、ニグラルムの合体攻撃ふたりはステニグの威力は凄まじく、
カインの真の力であるパトラッシュをまだ上手く使いこなせない伯爵は苦戦を強いられる。
そこに、特虚空間に飲み込まれたように思われた厨馬鹿が見たことも無い請求項を駆り
現れた。新たな請求項の名は張り裂けそうに勃起したティムポ、カインと対となる存在だという。
厨馬鹿は特虚空間の淵で発見した張り裂けそうに勃起したティムポ(T-MPO)をスワロスに手渡すべく、奇跡の生還を果たしたのだった。
2対2、互角の戦力を手に入れた伯爵達は・・・

第33話「ちょwwww岡本復活wwwww」

スワロスに張り裂けそうに勃起したティムポを渡し調理する厨馬鹿。
カインと張り裂けそうに勃起したティムポの連携攻撃で
合体攻撃菊門を放ち、使徒を妖怪チクビンガーする。
辛くも勝利した伯爵達だったが、それを見届けた厨馬鹿はクォリティーの暗黒面に堕ちてしまう。
4さま「ツンデレ☆かるてっと!!!!」

犠牲を出さない戦いをする為、さらなるパワーアップの為伯爵達はマヅソガー乙、って事は、
それなんてV-MAX研究所? へ向かうことを決意する。
だがそれなんてV-MAX研究所? にはちくわの岡本の新兵器VXガスの魔の手が伸びていた。

第34話「VIP先生登場」

更なるパワーアップの為 それなんてV-MAX研究所に向かった伯爵一向。
しかしそこで彼らが見たものは 岡本の新兵器VXガスによりふたなりと化した
研究所員達であった。
彼らを振り切り、研究所内部へと突入する一行。目指すは地下1階にあるOL給湯室ただひとつ!

が、途中岡本の創り出したバイオ兵器ささかま16号が立ちふさがる。

「ふふふ、ドッピオ博士は我が岡本が預かっている。
返してほしくば明日の夕刻 ハイネの家の神無月の巫女の塔まで過疎kの状態で来い!」

死に際の敵が放ったこの言葉に 狼狽を隠せない一向。

「無視しても良くね?」
伯爵のその言葉にうなずく一行。

またひとつ新たな展開が幕を開けた!!

第35話「予想どおりVIP先生は出てこなかったわけだが」

とりあえずドッピオ博士は無視して、
それなんてV-MAX?研究所でパワーアップをはかる伯爵達。

しかし何故滅びた筈の岡本が再び姿を現したのか。
悩む伯爵達の元に現れたのはなんか掛け声する時のセリフはこれでいいんじゃね?であった。
「少なくとも私にはモテモテですよ」
衝撃の事実に使途を全滅する伯爵達。

時を同じくして使徒MAKEBONOの移動が確認された。
目的地はここ、それなんてV-MAX?研究所だ。
調整中の為に出撃できないカインの代わりに
伯爵は「こんなザコ、ダイオードに乗る必要はない」と言い生身で出撃し、
MAKEBONOを迎え撃つのであった。

第36話「妖怪あずきとぎ」

9体の使徒を全滅させるも新たな使徒であるMAKEBONOが出現する
カインは調整中の為に伯爵が生身で使徒と戦うことに
しかし迎え撃つ暇も無く、既に負けてるMAKEBONO
伯爵の勝利で終わった。なんと生身で使徒に勝ってしまったのだ

その時であった
???「はいみなさん最高ですか!?」
どこからか誰かの声が・・・
伯爵「熱い! やばい! 間違いない!! 」
ここで新たな謎の5人が現れる
???「我々はちくわの岡本四天王・・・名づけて黄泉宇里巨神軍だ!」
???「地球にある拠点などほんの一部過ぎん。真の本拠地は宇宙の独島にあるのだよ!!」
伯爵「竹島は日本の領土です!! 」

戦いの舞台はいよいよ宇宙へ


黄泉宇里巨神軍との戦いに向けて急遽キャンプファイアーの準備を進める伯爵達。
と、そこに死んだはずの宝くじにあたってうはうはの母が現れる。
宝くじにあたってうはうはの母は超人墓場でポケモンの力を借り、妖怪あずきとぎとして復活したのだ。

あずきとぎ「こしあんは許さん!」
伯爵「キリンさんが好きです! でもぞうさんはもっと好きです!」
伯爵達に力強いツンデレが加わった。これで怖いもの無しだ!

いよいよ準備も終わり、キャンプファイアーのカウントダウンを開始する伯爵達。
しかしそこに使徒の生き残りのエ・ブファニフォルミスが出現する。
果たしてキャンプファイアーは無事に成功するのか!?