※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅠ

【ガライの町】の地下に広がる大迷宮。
町の創始者である吟遊詩人【ガライ】の遺体と、その愛用品である【ぎんのたてごと】が安置されている。
しかし、複雑な構造で地下4階まであり、今では魔物が棲みついて立派なダンジョンと化している。
よって墓参りは命がけだろう。【ヘルゴースト】とか明らかにそれっぽいのも出現するし…。
そのヘルゴーストと、【ドロルメイジ】【メーダロード】はここの固有種である。
ぎんのたてごとが必要になるのはかなり終盤なので、無理して序盤で攻略する必要は無い。

地下1階にはかぎのかかった扉がある。
このダンジョンに辿り着く前にも扉が1つあるため、たてごとの入手には【かぎ】が最低2つは必要となる(リメイク版では宝箱からかぎが手に入るため、初めて入るときは1つあればOK)。
またFC版では文字通り呪われた装備品【のろいのベルト】が手に入る。

リメイク版では入口に「ガライの墓から生きて帰った者はおらぬ…。死にたければ行くがよい…。」と言って消えるじいさんがいる。
どうやらお墓参りにも訪れることができないらしい。

その後

Ⅱでは町もろとも消滅してしまっている。ガライも草葉の陰で泣いているだろう。
キャラバンハートでは簡素ながら町の機能が復活したが、墓の復活はなされていない。
忙しくて手が回らないのか、時が経ちすぎて忘れ去られているのか、生還できないお墓を再建したくないのか…。