FFDQバトルロワイアル3rd資料編@wiki 73話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第73話:鍛冶屋と伝説のボロい剣


「ちっくしょー…あたいがどうしてこんな場所に居るんだよ…」
一見男の言うセリフだが、言っているのは女性、ロンガデゼオではヤクザも避けてとおるという力の持ち主、鍛冶屋サリィである。
ロンガデゼオに居た自分が、何故こんなゲームに巻き込まれたのかが依然不思議でたまらなかった。
自分はイザにラミアスの剣を渡し、それから平凡な日々を送っていたはずなのにどういう訳か今ここに居る。
どうかしているとしか思えない…こんなゲームには参加するつもりは無かった。
とにかく自分から戦いは仕掛けない、そう思い支給品の鍛冶セットと聖なる気を放つ鎧をザックに入れ、歩き始めた。
その直後だった、彼女の目前に火球が迫ってきたのは。
(――やっべぇ!もうゲームに乗ったやつがもうそばに居たのかよ!あの速度なら避けても当たっちまう!ちくしょうここで死ぬのかよ!)
避けられないことを悟り、彼女が諦め、目を閉じたその時だった。
「うっぎゃあああ!!!!」
ん?と思い目を開けてみると自分の目前で海賊風な男が燃えている。
その男は炎に苦しみ、もがき、のた打ち回り、その後動かなくなった。
「ちくしょう………やる気なら……やる気ならこっちもやってやろうじゃねぇか!」
彼女はそう意気込み、支給品の鍛冶セットからとんかちを取り出した。
しかし、そのとんかちは只のとんかちではなかったのだ、あのダイヤモンドより硬い浮遊石を砕く事ができる、とんかちだという事を。

「ちくしょう…やっぱり魔法は厄介だぜ…」
ギルガメッシュは目前の魔法衣の女性に向かいチッと舌打ちをした。
自分の支給品はどう考えてもはずれとしか思えない剣と銃とサンダル。
しかしあっちには魔力を増強させるワンダーワンドがある。
得体の知れない奴、わるぼうに援護してもらってるとは言い、戦力的にきつい。
「おい、なんか素手で使えて簡単にできるお手軽な技知らないか?」
ギルガメッシュがわるぼうにそう問い掛ける、精神統一終えていたわるぼうがギルガメッシュに答える。
「そうだな…おっ、ちょうどいいのがあるな、俺の真似をしてみろ!」
するとわるぼうは前へ突き進んだ、メラミで落とそうとするムースだが、わるぼうは軽く避ける。
そして横からギルガメッシュもわるぼうと同じように突き進んでくる。
イオラで纏めて吹き飛ばそうと思ったのが彼女の判断ミスだった。
イオラを詠唱するより早く、わるぼうが突っ込んで来たからだ。
そして、ムースに強烈な殴りの連打をかます、ワンドで防いだものの続くギルガメッシュの攻撃には流石に数発喰らってしまった。
後ろに大きく吹き飛ぶムース、血を多少吐きながら…彼女は口元を歪めた。
彼女が詠唱していたのはイオラではなく、イオナズンだった、だが出てきたのはそれを超えるものだった。
「おいっ!避けろ!巻き込まれるぞ!」
ギルガメッシュはその呪文…いや魔法を知っていた、極大の爆発を瞬時に繰り出す魔法、フレア。
最初は小さな火の玉のような物だがそれはやがて膨らみ一気に爆発する。
わるぼうはその小さな玉を避けようとしなかったからだ、わるぼうを突き飛ばそうとし、飛び込むも二人ともフレアを直撃とは行かないが食らってしまう。
「フフフ…やはりこのロッドは便利ですね…さて完全なる止めを刺しましょうか…」
彼女はイオナズンの詠唱へと、再び入った。しかしこの時一つのミスを犯していることを、そのミスが自分を死へと招きいれたことを、彼女はこの後知ることになる。

「さっきの呪文は…あいつが放ったんだな!」
サリィは自分を攻撃してきた敵を確認すると、とんかちを両手で握り、その標的へと全力で走り向かった。
詠唱に全精神をかけていたムースが、サリィに気がついたのは背後に迫られてからだった。
一閃、サリィのとんかちがムースの脳天を直撃する。
気絶させるほどの力しか込めなかったサリィだが、そのとんかちには人の頭を砕き壊すには、十分な力だった。
ムースの頭は砕け、頭から血がだくだくと流れ、ぼそぼそと何かが聞こえる。
「ここで…ぬわけに…いかな……き……らない…………」
細々と聞こえる声、だがそれはどんどん小さくなり、そして聞こえなくなった。
人を殺した…このとんかちで…付いた血を拭うのも忘れ、その場に立ちすくんでしまった。
だが、それよりも先ほど呪文が直撃した剣士がいたはずだ、そう思うと彼女はその剣士の姿を確認する。
「お、おい!大丈夫かよ!」
サリィは前で倒れている剣士にゆすりながら声をかける。
「う…うう…ん?奴は?」
多少傷があるも起き上がるギルガメッシュ、そのタフさは流石というべきだろう。
自分の目の前の落ち込む少女の目を見、彼は現状を把握する。
「あたいは…呪文をいきなり撃たれたから、その反撃に…でも殺すつもりは…」
「それはしょうがねぇぜ、現に奴はゲームに乗ってたし、殺すのを躊躇ってたらこのゲームじゃ生き残れないぜ」
サリィを慰めるように、ギルガメッシュはそう言った。
だが、それは悲しい現実でもあった、その後ギルガメッシュは思い出したように飛び上がる。
「おっと、忘れてた!おい!大丈夫かよ!」
ギルガメッシュはわるぼうの元に駆けより、彼の体を持つ。
すると、わるぼうがいきなり起き上がり、ギルガメッシュの顔を蹴り上げた。
「フン!この俺様があんな呪文ごときで、死ぬかっての!」
「んのヤロォ…!」
いつものギルガメッシュならかなり怒っていただろう、でもなぜか怒る気にはなれなかった。
「まぁ…嬉しいぜ、生きてて」
そんな唐突な言葉に、わるぼうは顔を赤らめドギマギする。
「な、なんだよいきなりそんな事いいやがって…でも俺もオマエが庇ってくれた時、嬉しかったぜ」
滅多に笑顔を見せないわるぼうが笑った、そして二人は声を出して笑った。

一方、サリィはそんな二人をよそに、地面に捨てられたボロい剣に心を奪われていた。
この剣は…何か特別な気配を感じる、そう、ラミアスの剣にも勝らずとも劣らない…。
(――不思議だ…もう綻び朽ち果てようとしている剣なのに…力が湧いてくるぜ…)
彼女はボロい剣を取り、鍛冶セットを取り出し、剣を打ち直し始めた。
いきなり目の前で何かをする少女に、ギルガメッシュは問い掛ける。
「なぁ、あんた何やってんだ?」
「見てわからねぇのか?この剣を鍛えなおしてんだよっ」
そうぶっきらぼうに言い放つと、彼女は剣を見て、とんかちを取り始めた。
「打ち直すにゃ打ち直せるけどよ…強力な火とかなりの時間がいるぜ…」
火…その言葉にギルガメッシュは引っかかった、そうあいつ、わるぼうなら火を出せるんじゃないだろうかと。
チラリとわるぼうの方を見るがやはり目をそらしてこちらを見てくれない…と思いきや…。
「……チッ、しゃあねぇなぁ!ベギラゴン!」
そう唐突に響く声、燃え盛る火炎。わるぼうはそっぽを向いていたがこの呪文が彼であることは明確だった。
「これだけの炎がありゃ十分だな…うっし!久々に腕振るうぜ!」
彼女の威勢のいい声と共に、彼女の久しぶりの鍛冶が、始まった。
壮大なアリアハンの大地に、彼女とんかちの金属音響き、彼女の力の気が染み渡る。

【サリィ 所持品:鍛冶セット ボロい剣(伝説系の剣) 光の鎧(装備不可)
 第一行動方針:不思議な力を放つ剣を鍛えなおす】
【ギルガメッシュ 所持品:厚底サンダル
 第一行動方針:剣が鍛えられあげるのを待つ】
【わるぼう 所持品:ビームライフル (後何かを所持)
 第一行動方針:????】
【現在地:レーベ北の平原】

【ムース 死亡】
【残り 117名】