FFDQバトルロワイアル3rd資料編@wiki 67話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第67話:決着


「オラァァァァァ!」
殴る殴る、蹴る!重く鋭く、正確な一撃一撃が、確実に竜王を追い詰めてゆく。
ゴオォォォォッ!
竜王が勢い良く炎を吐いて退けようとするが、
炎はフバーハの光の衣に遮られ、ほとんどが届かずに終わる。
むしろほんのわずかな炎がフルートの頬をかすめることで、彼女の怒りをいっそう煽るのだ。
「死ねやコラァァァ!」
フルートの罵声に、はっと我に返ったロランが慌てて加勢しようとよろよろと立ち上がる。
竜王の残った左腕、鉄をも引き裂く鉤爪がフルートに襲い掛かる!
「ヒキサイテクレルワ!」
だがフルートの拳が唸りを上げると、ばきり、と音がして本来ありえない方向に竜王の腕が曲がる。
「ギャァァァァァァ!」
竜王はもだえ、身をよじり、倒れそうになるのをすんでのところでとどまる。

ズ…ンッ!
その竜王の体に衝撃が走る。
視線を下へ向けると、ロランが竜王の下腹部に、深々とガイアの剣を突き立てている。
「オノレ…オノレ…ニンゲンフゼイガ…」
もう爪で攻撃することは叶わない。三度炎を吐こうとしたその時、
「サンダラ!」
リルムの完成した呪文が、雷が竜王の体に刺さったガイアの剣を直撃した。
ロランはすかさず後方にとびすさる。
「ギィィィエェェェェェ…!」
体の内側から雷に焼かれた竜王は、しばらく直立したまま痙攣を繰り返していたが、
やがて、ゆっくりとゆっくりと、横ざまに倒れた。
「やった…倒した…竜王を…」
ロランがはあはあ息を切らしながら呟く。
「フルートってすごい!尊敬しちゃうな!」
リルムは笑顔だ。
「あら?私は何を…?これは、貴方が?」
我に返ったフルートは、例によって何も覚えていない。
「う……」
「ん…何だァ?」
サックスとゼルが、ようよううめきながら身をおこす。

「あ…お二人とも、気が付きましたか~?」
フルートは元ののんびりした調子で、二人に近づく。
「竜王は、ロランさんが倒してくれたんです」
確かにとどめを刺したのはロランだが、そこまで追い詰めたのは
フルートであるという事を当人もサックスも、ゼルも知る由も無い。
「いや違う、僕は…」
「あのね、フルートってすごいんだよ!竜王と互角だったんだから!」
困惑するロランの声を、リルムのはしゃいだ声がさえぎった。
フルートは何のことか分からず、きょとんと立ち尽くしている。
「フルートが?まさかぁ」
サックスにはとても信じられない。見ていないのだから無理も無い。
「あんた、見かけによらずスゲ-んだな!」
ゼルが愉快そうに笑う。彼は竜王の所持品を回収すると、フルートに預けた。
あんたが役にたててくれ、と。

「もしゲームに乗る気が無いなら、皆で一緒に行動しないか?」
提案したのはサックスだ。ロランが笑って右手を差し出す。
期せずして全員の手が重なった。
「喜んで…皆で協力して、あの魔女を倒そう!」
「お~っ!」
声をそろえて唱和すると、はじけた一同の笑い声がアリアハンの空に響き渡った。

【サックス(重傷) 所持品:水鏡の盾 草薙の剣 チョコボの怒り
【フルート(重傷) 所持品:スノーマフラー 裁きの杖 魔法の法衣
【リルム(負傷) 所持品:英雄の盾 絵筆 祈りの指輪
【ロラン(重傷) 所持品:ガイアの剣 ミンクのコート
【ゼル(重傷) 所持品:レッドキャップ ミラージュベスト
 第一行動方針:傷の治療  第二行動方針:なるべく仲間を集める
 最終行動方針:ゲームから抜ける。アルティミシアを倒す】
【現在位置:ナジミの塔入り口】

【竜王 死亡】
【残り 122名】