FFDQバトルロワイアル3rd資料編@wiki 178話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第178話:兄と、弟と


(くそっ……まさかバーバラが奴から逃げ切るとは)
カインは舌打ちし、一人高みを駆けていた。その視界の端で、不意に赤い輝きが灯る。
宿屋が炎上している――アーヴァインが作戦を実行に移したのだ。
(奴にも、火の手が見えているはずだな)
カインはデールの動きを推測し、そちらへと向かう。
そして何度目かの跳躍をした時、眼下に三人の男の姿が映った。
先頭を突っ走る、アレに良く似た緑髪の男。
やや遅れて、アーヴァインと同年代の青年が、黒魔道士姿の子供を抱えて後を追っている。
「……」
カインは跳んだ。後続の青年と子供に向かって、流星のように。
「!!」
青年がカインに気付く。子供をかばいながら、白銀に輝く盾で受け止めようとする。
カインは槍と足に全力を乗せて、二人を容赦なく蹴り飛ばした。
「ソロ、ビビ!」
盛大な物音に男が振り返り、カインに迫ろうとする。
だが――

「兄さん!」

――カインの耳に、二度と聞きたくないと思っていた、アレの声が届いた。
そしてその一瞬の隙を突かれ、地に伏した青年が大きく手を振りかざす。
「イオラ!」
爆発と煙が辺りを包んだ。だが、爆風よりもわずかに早くカインは中空へ跳び、屋根へと逃げる。
着地した彼の目に、こちらへ向かい大きく手を振る若者の姿が飛び込んだ。
カインは若者――アーヴァインを一瞥してから、ちらと下を見る。
アレが、緑髪の青年を引っ張り、どこかへ連れて行こうとしている。
(そうか……あの男がアレの兄、か。
 ……フン。奴らがどうなろうと、俺の知ったことではない)
カインは地を蹴った。アーヴァインと合流し、残りの標的を潰しに行くために。
そう、これからどのような悲劇が起ころうと――最早、彼の知ったことではなかった。


――おじうえ、見て見て!
――うわぁ! すごいなコリンズ、呪文が使えるようになったのか。誰に教わったんだい?
――ちちうえだよ。一緒にレンシュウしたんだ。
――いいなぁ。僕も兄さんやコリンズみたいに呪文が使えたらなぁ。
――オレが教えてあげるよ。トックンすれば、おじうえだってきっと使えるようになるよ。
――はは、僕にはそんな才能はないさ。でも、気持ちだけでも嬉しいよ。本当に……お前は優しい子だね。
――へへっ……おじうえとははうえだけだよ、そう言ってくれるの。
――兄さ……父上は? 言ってくれないの?
――だめ。いっつも『お前は誰に似たんだよ』ってため息ついてばかり。
――はははは、兄さんらしいや。……コリンズはね、子供の頃の父上にそっくりだよ。本当に。

――悪いな、コリンズがまた邪魔したみたいで。全く、遊び相手は他を探せって言ってるのによ。
――邪魔じゃないよ、あの子はとても良い子だ。僕でよければいつでも相手になるよ。
――おいおい、執務があるだろう。それにイイ子どころか、昔の俺に輪をかけた悪ガキだと思うんだが。
――あはは。そうだね、子供の頃の兄さんを思い出すよ。悪戯好きなのも、優しいところも。
――誰が優しいだ、誰が。第一、そういうことを真顔で言うな。聞くこっちが恥ずかしい。
――相変わらず素直じゃないね……でもね、僕は思うんだ。
――あ? 何が?
――あの子は、僕なんかよりずっと優れた王になれるよ。
――そいつはどうだかな。俺が言うのもなんだが、王向きの性格とは思えないぜ。
――いや、僕よりも向いてるよ。なんと言っても、兄さんとマリア義姉さんの子供なんだから。


(ちっくしょう……昼間の銀髪も、アーヴァインの野郎も、次に会ったら絶対一発ぶん殴る!)
そんなことを考えながら、ひたすら西へとヘンリーは走った。
時折、ビビを抱えたソロが、自分についてきているかどうかを確認しながら。村の外れへと走っていた。
だが――
「うぉっ!?」「わぁっ!!」
突然のことだ。いきなりソロとビビが、何者かに蹴り飛ばされた。
アーヴァインではない。槍を携えた、屈強な騎士風の男。
(くそっ!! アーヴァインと手を組んだって相手か?!)
助けに行こうと駆け寄るヘンリーの手を、何者かが掴んで引き止める。
反射的に振り解こうとしたヘンリーは、しかし相手の姿に気付き、目を見開いた。
「兄さん!」
「デール!?」
いるはずのない弟の姿が。いや、先ほど見かけたような気もするが――自分の弟が。
目の前にいて、自分の手を引いて走ろうとしている。
「早く! 早く逃げないと殺されるよ!」
「お、おい、待て! 俺の連れがアイツに……助けに行かないと!」
「そんなこと言ってる場合じゃないよ、兄さん!」
デールは走る。ソロとビビを案じるヘンリーを、半ば無理やり引き摺るように。
「ヘンリーさん!」
二人の声を、遠くにして。ヘンリーはデールに導かれて走る。
そうしてどれほど走ったか、村の外れに来たところで、二人はようやく立ち止まった。
「良かった。兄さんが無事でよかった……」
涙目をこする弟に、ヘンリーは呼吸を整えてから質問する。
「デール……お前、なぜ、ここに?」
「探してたんだよ、兄さん。ずっとずっと探して歩いてたんだ。
 そうしたら、炎が見えて……宿屋の前に兄さんがいて……兄さん、僕に気付いてなかったろ。
 手を振ったのに走っていってしまって、それで必死で追いかけて、途中で何とか先回りしてさ。
 ……良かった。間に合って。兄さんがあいつにやられたら、どうしようかと思ったよ」
言われて記憶を辿る。確かに、あの時デールの姿が在った。
状況が状況だったし、気のせいということで片付けてしまったが……

「そうか……すまん」
ヘンリーが頭を下げると、デールは「いいんだよ」と首を振った。
「兄さんが無事だった。僕はそれだけで十分なんだ」
デールはそう言って、穏やかに微笑む。それからふと、何かを思い出したように袋の中に手を入れた。
「そうだ。兄さんにプレゼントがあったんだ」
「――プレゼント?」

「ああ、受け取ってよ。銃弾を」

ヘンリーの記憶にあるソレと同じ、気弱で、優しげな微笑を浮かべたまま。
デールは、何の躊躇いもなく、袋から出したマシンガンのトリガーを引いた。
立ち込める硝煙。激しい銃声。レーベの事件の始まりを知らせたあの音を、ヘンリーは聞いた。
「兄さん、いや……ヘンリー。僕のために、壊れろ」
その呟きを、確かに聞いた。

「おや?」
デールは見た。晴れゆく煙の向こうで。
月明かりに照らされて、地面に穿たれた銃痕よりも大きく左に跳んだ位置で。
呆然とした表情で自分を見つめる兄の姿を。壊れているべき者の姿を、確かに見た。
「デール」
兄は呟く。どこか虚ろな目を、弟に向けて。
「いきなり、なんだよ……どうして、お前が……?」
弟は答える。普段と何ら変わらない瞳を、壊すべき者に向けて。
「壊したいからさ、ヘンリー。貴方を、誰にも邪魔されずに、壊したい」
「……デール?」
ヘンリーは縋るような視線をデールに向ける。聞き間違いであってほしいと言わんばかりに。
デールは嘲けるように、小さく笑う。

「そう、壊したい。悲鳴を聞きたい。血を見たい。きっと綺麗だろうね。僕の兄さんなんだからさ」
「デール……」
「ねぇ、いいだろう? 一度ぐらい、僕の頼みを聞いてくれたってさ」
「……何があったんだよ、お前に」
「別に何も。僕がしたいからこうしてるんだ」
「……狂って、しまったのか……?」
いっそ、感情も顕に否定してくれれば、まだ救いはあったのかもしれない。
けれどもデールはどうしようもないぐらいに冷静だった。静かにヘンリーを見つめたまま、彼は言った。
「そうかもしれないね。僕は狂っているのかもしれない。
 でも、どうでもいいことじゃないか、そんなことは」
ヘンリーが叫ぶ。耐え切れなくなったように、懇願するように。
「デール、止めろ。止めてくれ!」
けれどもデールは言葉を続ける。
「僕は壊したい。この衝動を抑える気もない。
 だから、僕は壊すんだ。それだけの話だよ、ヘンリー」
――デール!
ヘンリーは叫んだつもりだった。声が出なかった。喉の奥で詰まってしまった。
「いい表情だね……それを見たかった」
反対に、デールは晴れやかに笑いながら言った。
「もっと見せてよ。ねえさんみたいに、素敵な表情を」
その言葉に、ヘンリーの思考が一瞬フリーズする。
――ねえさん、みたいに?
「綺麗だったよ? 赤い口紅をつけて、今の貴方のように僕を見上げた」
――今の、俺のように?
「そうそう、歌も聞かせてもらったんだ。美しいソプラノの賛美歌だよ」
――ソプラノの、賛美歌?
「それからね……最後まで、貴方の名前を呼んでいた」
――俺の、名前を、呼んでいた?

「……あ……」
――まさか。有り得ない。嘘だ。冗談だ。不可能だ。そんなことあるはずがない。
止めろ。止めてくれ。言うな。頼むから言うな。言わないでくれ! 頼むから!!

「貴方も壊してあげるよ。マリア義姉さんみたいに」

今度こそ。ヘンリーの思考も、身体も、完全に停止した。
ゆっくりとデールの持つマシンガンの銃口が向けられる。
けれども翡翠の瞳は虚ろなままだ。マネキンのように固まったまま、運命の時を待つだけだ。
逃げる気力も、そうするだけの意思も。今のヘンリーには残っていない。
「安心してよ。貴方の子供は、僕が守って育てる。
 あの子は壊さない……何故だかわからないけど、あの子だけは壊したくないんだ」
デールは笑った。今までとは明らかに違う、淋しげな笑顔で。
もしかしたら、それは彼に残された最後の正気であり、良心だったのかもしれない。
けれども――デールは、トリガーに指をかけ――

「止めろ!」
引き金を引くより早く、投げられた盾が、彼の手を弾いた。
振り向いたデールの視界に、緑髪の少年と、小さな子供の姿が映る。
ソロとビビは一瞬目を見開き、睨みつけるデールと棒立ちになったままのヘンリーを交互に見つめた。
「え……ヘンリー、さん? 二人……?」
邪魔が入った。デールは大きく舌打ちし、身を翻す。
この状況で二人を追い払うのは不可能だ。ここは一先ず退くしかない。
「あ……ま、待て!」
ソロとビビが後を追うが、それはマシンガンの弾幕によって阻まれた。
「ヘンリー! いいか、次に会うまで何があろうと生き延びろ!」
硝煙と夜の帳の向こうで、ヘンリーに良く似た声が響く。
「誰にも殺されるなよ……貴方を壊すのは僕なのだからな!」

ソロとビビは、呆然とその言葉を聞いていた。何がどうなっているのか、混乱する二人の耳に虚ろな声が届く。
「なぁ、ビビ。お前、俺に聞いたよな……本当に悪いやつなんかいないよね、ってさ」
「ヘンリーさん……?」
棒立ちになったまま。弟の去った方を見ながら。ヘンリーは機械的に呟く。
「俺もいないと思ってたんだ。好きで人を殺す奴なんかいないと……思っていたんだ……
 でも、違った……はは、あいつがマリアを殺したってさ。
 俺の弟が、俺の最愛の妻を殺したんだってさ。壊したいから殺した、ってさ」

「悪い奴だな、俺は。弟を殺したいなんて考える兄貴は、悪い奴に決まってる。
 でもな……でもなぁ! あいつは、デールは、あんな奴じゃなかったんだよ!」
翡翠色の瞳が揺れる。涙が、ヘンリーの目からとめどなく零れ落ちる。
「俺の弟はあんな奴じゃなかった! あんな狂った男じゃなかった!
 ガキの頃から俺の後追っかけてよ! いつも人の事ばっか心配しててよぉ!
 どうしようもなくトロくて! ソロ、お前みたいにお人よしで!
 俺なんかよりずっと……優しくて……イイ奴で……」
ソロもビビも、何も言えなかった。なんと言葉をかければいいのかわからなかった。
ただ、黙って聞くしかできなかった。
「俺の知ってるデールは、あんな奴じゃない。デールは、もう、俺の知ってるあいつじゃないんだ。
 マリアを殺して、俺も殺して、みんな殺すつもりで……あの、デールが……
 それで、俺は、あいつを殺すんだ……殺してでも止めるんだ……
 俺はあいつの兄貴で、親分で、だから俺が、殺してでも止めないといけない……俺が殺すんだ、弟を」
「ヘンリーさん……」
「なぁ……ソロ、ビビ、教えてくれ。誰でもいいから教えてくれよ。
 どうして、こんなことになっちまったんだ……
 なんでこんなことになっちまったんだよ……教えてくれよ、頼むから。
 誰か、俺に教えてくれよ!! なんでこうなっちまったのかをよぉ!!」
慟哭は風に乗り、夜空へと散る。
答えられぬ問いと、硝煙の匂いと、長い沈黙だけが。いつまでもいつまでも残されていた。

【ビビ 所持品:スパス
【ソロ(MP消費) 所持品:さざなみの剣 天空の盾 水のリング
【ヘンリー(負傷) 所持品:G.F.カーバンクル(召喚可能・コマンドアビリティ使用不可)
 第一行動方針:ピサロ達と合流するまで待機 第二行動方針:仲間を探す(ソロ、ビビ)/デールを殺す(ヘンリー)】
【現在位置:レーベの西】

【デール 所持品:マシンガン、アラームピアス(対人)、ひそひ草、アポカリプス+マテリア(かいふく) リフレクトリング
 第一行動方針:一旦退く 第二行動方針:皆殺し(バーバラ[非透明]とヘンリー(一対一の状況で)が最優先)】
【現在位置:レーベの西→移動】

【カイン 所持品:ランスオブカイン ミスリルの小手
【アーヴァイン(HP4/5程度) 所持品:竜騎士の靴 G.F.ディアボロス(召喚不能) グレートソード  キラーボウ 毒蛾のナイフ
 第一行動方針:ピサロ+レナ達のグループを襲撃する 第二行動方針:殺人者となり、生き残る/ゲームに乗る
【現在位置:レーベの村・民家の屋根の上を疾走中】