FFDQバトルロワイアル3rd資料編@wiki 9話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第9話:ロマンティックな夢を求めて


ロマンティックじゃねえな、とサイファーは思った。
このゲーム、この状況、不満に思うのは当たり前だが
サイファーの抱えている不満は、普通の人が思うそれと少々ベクトルが違う。
殺しあうことに抵抗感があるわけではない。
敵の命を奪えないようではSeedはおろか、ガーデンにすらいられない。
問題は、自分が百人の中の一人に過ぎないということだ。
これがもし、「千人と戦って勝ち抜け」という内容だったら喜んで従っていただろう。
自分一人だけが受け立つ者だからだ。
千人の挑戦者を切り捨ててなお、会場に立ちつづけるチャンピオン。そこには英雄のロマンがある。
だが、今はどうだ。
チャンピオンでもない、魔女の騎士でもない。司令官でもない。
特別でもなんでもない、百個以上ある駒の中の一つ。
それが今の自分だ。まったくもって夢のない話じゃないか。

サイファーはふてくされたように、ごろりと地面に寝転ぶ。
「魔女の騎士、ロマンティックな夢……憧れてたんだがな」
現実は優しくない。まったくもって優しくない。
こう言ったのは誰だったか。別にどうでもいいことだが。
彼は半ば投げやりな気分で、重なり合う木の葉の間から空を見上げた。
本ですら知らない異郷の地でも、空の色だけはバラムと変わらない。
それがサイファーにわずかな安らぎを与える。
だが次の瞬間、そんな気分は呆気なく打ち砕かれた。
「きゃああーーーっ!」
絹を裂くような悲鳴が、森中にこだましたからだ。

反射的に身を起こしたサイファーの前に、一人の少女が飛び出した。
美しい少女だった。天使のような顔立ち、汚れを知らぬ瞳、エルフを思わせる尖った耳…まるで物語から飛び出したような。
「待て! 逃がすか!」
そして彼女のすぐ後ろから、一人の男が姿を見せた。
少女はこの男に襲われて、必死で逃げてきたのだろう。
手足は擦り傷だらけで、息は上がり、髪もドレスも乱れている。
「あ、あ……」
少女は、前に立つサイファーと背後の男を交互に見つめ、身を硬くした。
おそらく死を覚悟したことだろう。ここは殺し合いの会場なのだから。
だが、サイファーにはなぜか少女を殺めようという気にはならなかった。
「追われてるのか?」
サイファーの問いに、少女も男も呆然としていた。質問の意味がわからなかったのかもしれない。
「おい、こいつに追われてるのか?」
もう一度聞いた。少女はようやく正気づいて、かすかにうなずく。
サイファーは小さく笑って、少女を庇うように踊り出た。
突っ立っていた男が怒号を発する。「貴様、邪魔をする気か!?」
今だ震えの止まらぬ少女がか細い声を出す。「なぜ…?」
その答えは、正直なところサイファー自身にもわかっていない。だが、あえていうならば――
「若き騎士が悪党に追われる少女を助ける、ロ~~~マンティックな話じゃねえか」

【サイファー 所持品:破邪の剣 G.F.ケルベロス(召喚不能)
 第一行動方針:少女(ロザリー)を助ける 第二行動方針:不明】
【ロザリー 所持品:不明
 第一行動方針:ピサロに会う 第二行動方針:とにかく逃げる】
【現在位置:アリアハン南の森】

【リヴァイアサンに(略) 所持品:アイスブランド、不明
 第一行動方針:ゲームに乗る】
【現在位置:アリアハン南の森】