FFDQバトルロワイアル3rd資料編@wiki 272話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第272話:親友になれた筈だった


――自惚れていたのだろう。

私が彼女を正しい道に案内したのだと。
私が彼女を狂気から救ったのだと。
そうやって私は彼女の信頼を得たのだと。

彼女の叫びと共に、疑った。
銃声と共に、気づかされた。
左肩を走る激痛と共に、思い知らされた。
二人の男性の叫びで、確信した。

彼女にとって、私は、クラウドという人とは比べられないほどに軽い存在だったのだと。

保護者を気取って、そのくせ彼女の発した警告に気づけなかった。
…私は、あまりにも、不甲斐無い。


確かに先程は、彼女の目に人を愛する心を見た。
ティナだって、彼女は正しい道を生きられると信じた。

彼女は確かに人を愛することを知っていた筈だった。
彼女は確かに正しい道を歩いていけた筈だった。

こんな状況でさえなければ。
こんな狂気の中にさえ身を置かなければ。

悪いのはアルティミシアだけ。


再度の銃声と共に、彼女の肩を掴んでいた腕から、力が一気に抜けていった。
身体が、後方に傾いた。

揺れる視界の中で、彼女は右手で銃を構えたまま、左手でスコールを突き飛ばしていた。
更に、右足でマッシュの顔面を蹴飛ばす。 
モンクとしての一流の実力をもつ彼でさえ、戦いの中に躊躇や恐怖を感じなくなった彼女の前では、為す術が無く後方に弾かれた。

彼女は、銃を再び構えた。
誰を先に撃つべきか、其処に一瞬の迷いがあった。
私はその隙に、体勢を立て直した。
他の二人と比べて、私は大きくは後ろに下がっていない。
今、自分が動くしか、ない。
彼女が私の行動に気づく前に、私は彼女に飛び掛かった。

私は、彼女が咄嗟に構えた銃の銃身を掴んだ。
肩の激痛に気を遣っている心の余裕は無かった。
彼女にこれ以上誰かを殺させたくはなかった。
銃をもぎ取ろうと力を入れて――

ドゴッ、と嫌な音を立てて、腹に激痛が走った。
彼女は、その長い脚を咄嗟に振り上げていた。
身体が、大きく後方に捻れる。
思わず再び手を離し、身体を後方に泳がせる。
そして直後に、どこか遠くで、耳障りな、音が、鳴り響いた。
私の身体を貫く何かが、彼女の手で、発射された音だった。

「アイラ!」
マッシュとスコールの声。

それに重なるように、それをかき消すように、何度も、何度も、耳障りな銃声が、響いた。


体中を撃ち抜かれた。
もう、痛みも感じない。
このまま、苦しみも、悲しみも、何一つ、感じなくなってしまうんだろう。
でもその前にやらなくちゃならないことが、ある。

最後の力を振り絞って、彼女の肩に手を掛ける。
彼女の構えた銃は、再び引き金が引かれると共に、カチャリという空虚な音を立てた。弾切れだった。
彼女が慌てて脚を振り上げようとする。
――そんなことをしなくても、どうせもう私には何も出来ない。
――あなたを正しい道に戻すことも。
だからこそ、彼女の目を見て、言ってやった。
血塗れた顔を、彼女に見せ付けて、言ってやった。

「死んでも、あなたの傍にいるから」

一瞬、彼女の表情は硬直した。
その唇から、一種恐怖を帯びた声が、漏れた。
呪われた過去が、重なって、彼女は、呟いた。

「エア、リ、ス?」

それでも彼女の身体の動きは止まらなかった。
振り上げた脚が、私の身体を空へと投げ出す。

ほんの一秒ほどの筈なのに、それは何秒にも感じた。
自分の身体が地面に堕ちるまでの、空虚な時間。
目を閉じて、思う。


マッシュ、スコール。
命に換えても彼女を止めようなんて、思わないで。
あなた達を愛している人を、彼女みたいにしないように。
生きて。生き残って。

フィン。
あなたに、後は任せるわ…
きっと、この理不尽な戦いを、止めてくれるわね?

ティファ――
あなたが背負った悲しみのほんの一部でも、私に背負わせてくれればよかったのに。
そうすればきっと、仲のいい友達にだってなれた――

回想は途切れ、地面に叩きつけられた感覚を最後に、永遠とも思われた時間に終焉が訪れた。

【マッシュ 所持品:ナイトオブタマネギ(レベル3)、モップ(FF7)、ティナの魔石】
【スコール 所持品:天空の兜、貴族の服、オリハルコン(FF3) 、ちょこザイナ&ちょこソナー、セイブ・ザ・クイーン(FF8)】
【第一行動方針:? 第二行動方針:ゲームを止める】 

【ティファ 所持品:コルトガバメント(予備弾倉×5)、エアナイフ
 第一行動方針:目に映るものを全て殺す? 基本行動方針:魔女にクラウドの蘇生を乞う】

【現在位置:東山脈中央部の森・川辺付近】

【アイラ 死亡】
【残り 86名】