FFDQバトルロワイアル3rd資料編@wiki 153話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第153話:僕はもう、疲れたよ…



【コラム:魔物と人間の考察】

魔物には純粋な魔界の住民や、宝石から作られたクローンも含まれているが、
物体に怨念が宿ったり、普通の生物が邪気、症気、狂気に取り込まれて巨大化、凶暴化したものも多い。
ある雪国で伝えられる邪なる狼の群れや、ある町の伝説に残る巨大植物などはその最たる例である。
そして、それは、人間とて例外ではない。

人間のように強い意志を持つ生物は、魔物化に2通りのパターンがある。
一つは、願いをかなえるために自ら心を捨てたもの。
例えば、強さを求めて魔物と化した、ならず者の町の格闘家、魔法の極意を極めるために魔王に魂を売った魔法使い。
主君への忠誠心があまりにも強く、魔物となってまで主を守ろうとしたものもいるし、殺しに快感を覚え、魔物となったものまで、様々である。
中には果てしない野望を持ち、魔族を束ねる王にまでなったものさえいる。

もう一つは、邪気、症気に取り込まれたために、心も体も魔物と化すものである。
例えば、邪神の生け贄にされた人間、恋人に裏切られ、失意のまま死んだ人間の魂、邪神の邪気に触れたさる灯台守。
異世界の歴史を紐解けば、アーガス神官長やマイエラ修道院長といった最高位の聖職者ですらいとも簡単に魔物化している。
これらの魔物は、本能(というと語弊があるかもしれないが)的に他者を仲間に引き入れようとしつこく行動する。
ブリザードが頻繁にザラキを唱えたり、ゾンビ系モンスターが集団で現れ、倒しても墓からやたらと復活するのはそのためだ。
意志を持ったまま魔物化した場合も、基本行動は同じである。むしろ、状況判断力が付く分たちが悪い。

それでは、人間の魂を魔物の体に移すとどうなるのだろうか。これを転生というのだが、
基本的に魔物の力を得て、なおかつ精神はそのまま、という状態を得ることが出来る。
純粋に力を求める場合、最も手っ取り早い方法であるが、人を魔物に転生させられる者自体、世界で数えられるほどしかいない。
そのうえ、重大な欠点もある。負の力に対する耐性が弱くなることである。
普通に生活する分では問題ないのだが、例えば恋人を突然失ったり、戦場の空気に触れたりして、
自我を著しく欠いた場合、特に負の力の大きい場所においては、邪気に支配されてしまうことがあるのだ。
魔物は純粋な生き物、周りの環境によって、180度性質が変わる。
邪気を取り除くことが出来れば、本来の意志を取り返すこともできるかもしれない…


ここはアリアハンの書庫。3人がそれぞれ本で調べものをしている。
「っああ~!性に合わねぇー!」
ジタンが本を投げ出し、歩き回る。
「どうだ、リノア。何かいい情報は見つかったかい?」
「ううん、さっぱり。呪術の本や工学の本は一通り見たけど、難しくて…
 あ、そうそう、その怖い顔したお面は呪われてるから着けちゃいけないからね」
「ああ、分かった。といっても、こんなもの着けたいって思うやつもいないだろうけど。
 キーファ、そっちは?…ってどこ読んでんだよ。『コラム:魔物と人間の考察』?なんだこりゃ?」
「いや、ちょっとな。さっき墓作った女の人いただろ。あの人知り合いだったんだよ。
 俺がまだ小さいときだったからほとんど覚えてない、ってか、今思い出したんだけどさ。
 それでその人に彼氏いたんだけど、その彼氏…モンスターでさ、大丈夫かなって気になったんだよ。それだけだ。
 ……あ~!さて、調べに戻るか!」



あの放送を聞いたとき、彼の思考といえるものは途絶えた。
彼にとって、彼女は自分の命よりも大切な存在。一度は魔物と化した彼の心を人間の心に戻してくれたのは、他でもない彼女。
だから、彼女を守り続けようと思った。死ぬにしても、二人一緒に、同じ時間、同じ場所で死のうと思っていた。
それなのに、現実はどうだろう。一言も言葉を交わすこともなく、姿を見ることもなく、彼女はこの世からいなくなってしまった。
彼にもう生きようという気力はなくなってしまった。


脳裏に邪悪な闇の化身が迫ってきた。
邪神が存在していたとき、何度も味わった感覚だ。僕は、彼女がいるから、ただそれだけの理由でこれを拒否してきた。
けど、彼女はもういない。この世にとどまる理由もない。だから拒否する理由もない。
仲間は生きているけれど、この世にとどまる理由にならない。
来るものすべてを受け入れよう。自分が壊れてもいい。もう、何もする気にならない。今日はもう、疲れた。
マチュア…僕も今、そっちに行くよ…


彼の心は空っぽになった。醜い外見でありながらも、光を宿していた目、今はただただ漆黒の闇が広がるばかり。
もはや彼の抜け殻をつき動かすのは、魔物としての本能と、会場を取り巻く狂気のみ。
彼の抜け殻が求めるのは、人の血肉と、自らの肉体の滅びのみ。

【スミス(腐った死体) 所持品:無し
 行動方針:魔物の本能に従う(無心状態、理性無し)】
【現在位置:レーベ北東】

【ジタン 所持品:英雄の薬、厚手の鎧、般若の面
 第一行動方針:仲間と合流+首輪解除手段を探す 第二行動方針:ゲーム脱出】
【リノア 所持品:不明
 第一行動方針:スコールを探す+首輪解除手段を探す 第二行動方針:仲間と合流しゲーム脱出】
【キーファ 所持品:攻略本
 第一行動方針:首輪解除の手段を探す 第二行動方針:フィンと合流しゲーム脱出】
【現在位置:アリアハン城裏の図書館】