※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

すっぴん Freelancer

初期状態。

戦士 Warrior


各種武器を使いこなす戦闘のエキスパート。
オリジナル版にはなかった「ふみこむ」は、
防御力を犠牲にして攻撃力がアップするアビリティ。
戦士はより戦闘に特化した攻撃的なジョブに。

ナイト Knight


戦士同様近接戦闘のエキスパートでもあり、
防御力が高く仲間の盾となって活躍できるジョブ。
瀕死の味方を「かばう」アビリティを持っている。
DS版で新たなアビリティ追加がある模様。

竜騎士 Dragoon


竜をしもべとし、高い跳躍力を誇る伝説の騎士。
竜騎士のアビリティ「ジャンプ」は敵に大ダメージを与えることができる。

バイキング Viking


戦士系ジョブのバイキング。新アビリティの「ちょうはつ」は
敵に自分を狙わせる代わりに防御力を下げることができる。

空手家 Martial Artist


力、すばやさ、体力、どのステータスも高い格闘技のプロ。
アビリティの「ためる」は力をためて次のターンで強力な一撃を放つ。

モンク Monk


素手でも戦える格闘のエキスパート。
体力も力もあるので、アタッカー的役割の強いジョブ。
「かまえる」は、敵からの物理攻撃への反撃体制をとれるアビリティ。

シーフ Thief


戦士などの攻撃的なジョブとは違い、敵からアイテムを「ぬすむ」など、
すばやさを活かしたアビリティを持っている。
ほぼ100%に近い確率で敵から逃げることができる「とんずら」は、
危機的状況を脱する非常に役立つアビリティ。

忍者 Ninja


平均的に能力の高いジョブ。
持っている武器を投げることで敵に大ダメージを与えることができる。
アビリティ「なげる」は手持ちの武器を投げて敵にダメージを与える。
投げた武器はなくなってしまう。

魔剣士 Dark Knight


負の力を使うジョブ。
暗黒剣を使うことができ、通常攻撃で分裂するモンスターに有効。
アビリティ「あんこく」は自分のHPを消費して敵全体を攻撃できる。

風水師 Geomancer


知性が高く、地形をあやつるアビリティで敵に攻撃するジョブ。
このアビリティは地形によって発動する効果が変わる。

幻術師 Evoker


まほうは召喚魔法のみ使うことができる。
効果は白黒属性がランダム。

黒魔道師 Black Mage


ファイア、サンダーなど攻撃系の魔法の使い手。
魔法を得意とするジョブなので、ちからや体力はこころもとない。

魔人 Magus


黒魔法を極めたジョブ。
最高レベルの黒魔法を使うことができ、
とりわけレベルの高い黒魔法の使用回数が多い。

魔界幻士 Summoner


召喚魔法のみ使うことができる。
効果は合体のみ。

賢者 Sage


白魔法、黒魔法、召喚魔法を使えるが、幻術師ほど召喚魔法を極められない。
効果は白黒属性がランダム。

導師 Devout


白魔法を極めたジョブ。
最高レベルの白魔法を使うことができ、とりわけレベルの高い白魔法の使用回数が多い。

白魔道師 White Mage


治療や回復系の支援魔法を使うエキスパート。
傷ついた仲間をケアルで回復したり、毒の治癒なども行える。
とても心強い反面、あまり力がなく打たれ弱い。

学者 Scholar


初めて遭遇した敵のステータスや弱点を見つけることができる
アビリティ「しらべる」を使用して効率よく戦えるように支援できるジョブ。
また、アイテムを使用したときの効果(回復力、攻撃力)が通常よりも増加する。
使用武器が本というのもこのジョブの特徴。

赤魔道師 Red Mage


白魔法と黒魔法の両方を使え、ある程度の武器も使いこなす使い勝手のいいジョブ。
オールマイティがゆえに、白魔道師、黒魔道師、戦士のどのジョブにも及ばない部分もある。

吟遊詩人 Bard


力はあまり強くないが、さまざまな竪琴を奏で歌うことで敵にダメージを与えたり、
時には味方を回復、サポートすることができる、音楽のエキスパート。

狩人 Ranger


その名のとおり弓のエキスパート。
新アビリティのみだれうちは、敵の指定はできないが多くの攻撃を仕掛けることができる。