※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

キミを教会に迎える前に 言っておきたい事があるんだ
かなり険しい道になるけど ボクの気持ちを知っていて
芸術センスがなくてはいけない ママン並みの美しさが欲しい
パッパルッデッレが食べたい 次はサグマトンがいいな
出来る範囲で構わないから
忘れないでね 芸術を理解出来ないレディに
このボクをミューズから奪う 事など出来ないって事を
キミにはキミにしか出来ない事もあるから
それ以外は口出しせず 黙ってボクのペースでいて

博物館と臨海公園は どちらも大事さデートに行こう
理事長登場賢くこなそう 容易いはずさ 断ればいい
植物園で恥ずかしがらないで キミの美貌は花の精並みさ
ボクは浮気はしない 多分しないと思う
しないんじゃないかな? ミューズが嫉妬しなければね
夕立に佇んでたのは キミへの愛情だから
心配はしなくていいよ これからはキミを待たせない
修学旅行をときめきで 迎える事が出来たら
キミの事はハニーと呼ぼう これから二人でハネムーン

3年が過ぎて卒業式になったら 教会の扉開いていたなら
たとえばわずか1分でもいい L2ボタンは使わないで
女神に狂わされたボクの目をみつめ 二つの選択 …言わなくても分かるよね?
これから二人はこの世界に包まれようと
ボクは言うから 必ず言うから
忘れてくれるな ボクの愛するレディは
愛するレディは 生涯キミひとり
忘れてくれるな ボクの愛するレディは
愛するレディは 生涯キミただひとり