不利な特徴

不利な特徴 (Disadvantage)はGURPSPCの不利な性格や肉体的特徴、社会的立場を決める性質、短所となる特徴不利な特徴有利な特徴とは違い、CPを獲得できる。
不利な特徴 ごとに獲得できるCPは決まっている。

不利な特徴 も「精神的不利な特徴」「社会的不利な特徴」「肉体的不利な特徴」という大項目に分類できる。さらに別の視点から「特殊的不利な特徴」「超常的不利な特徴」「一般的不利な特徴」という分類もできる。また1CPを獲得して最大5つまで得られるくせがある。

  • 「それがゲームにどのように影響するのか」
  • 「誰がその不利な特徴を獲得できるのか」
    • 特殊的不利な特徴(Exotic Disadvantage) - 普通の人間にはとることができない特徴。高度なテクノロジーで肉体改造するか同種の作用が必要。
    • 超常的不利な特徴(Supernatural Disadvantage) - 自然に獲得することができない特徴。科学、「超科学」よっても解明できない。神の業、魔法超能力などに起因する。
    • 一般的不利な特徴(Mundane Disadvantage) - 普通の人間でもとることができる特徴。生来の、あるいは習得可能な長所・技巧で誰もが獲得できる。
  • ささやかな不利な特徴
    • くせ(Quirks, 癖) - 1CPを獲得して最大5つまで得られるささやかな不利な特徴。PCの個性的な性格や癖など。

不利な特徴はそれぞれの不利な特徴に定められたCPを獲得して得られる。

自制可能な精神的不利な特徴

精神的不利な特徴には自制可能な精神的不利な特徴(Self-Control for Mental Disadvantage)というて自制可能なものがあり、自制判定に成功するとこの自制を抑えることができる。基準値は12で。3D6で12以下を出すと抵抗できる。マイナスCPを余分に獲得するか、逆に減らすかでこの抵抗頻度を調整できる。CPの端数は切り捨て。

抵抗頻度 自制値 CP消費
まれ 6 2倍
ときどき 9 1.5倍
だいたい 12 1倍(標準)
ほぼいつでも 15 0.5倍
ガープス・ベーシック【第4版】キャラクター』では自制可能な精神的不利な特徴には「*」(アスタリスク)記号がついている。

増強限定

不利な特徴も有利な特徴と同様に増強(Enhansments)することができる。ただし、不利な特徴を増強すると、さらに状況が不利になることによって、マイナスとなるCPを余分に獲得できる。逆に不利な特徴に限定(Limitations)を与えると不利な点が減る分だけ、獲得できるマイナスCPも減る。

特別増強特別限定

不利な特徴にも、各々の特徴にだけ割り当てられた特別増強(Special Enhansments)と特別限定(Special Limitations)がついているものがある。