自発的専門化

自発的専門化 (Optional Specialty, じはつてきせんもんか)とは専門化しなくてもよい技能を自発的に専門化すること。

学術系技能など知力基準の技能には無数の分野があり、必ずしも専門化する必要がない。これらの技能を普通に修得したPCはジェネラリストでありその技能のすべての側面についての知識がある。 自発的専門化 は、自発的に狭い分野に絞って専門化できる。

習得難易度が「並」(Average)かそれより難しい知力基準の技能で、選んだ分野がPCTLで合理的に選択できるとGMが認めた場合のみ 自発的専門化 できる。

ある技能を自発的専門化するとき、習得難易度が1段階簡単なものとして習得できる。

全般的な技能の技能なし値は「自発的に専門化した技能-2」となる。
汎用の技能を技能なし値として使用する別の技能に関して、専門化した技能も技能なし値として使用できるが技能なし値は余分に-2される。

技能 技能なし値(例)
<化学> 知力-6、<錬金術>-3、 <化学分析>-2
<冶金> <化学>-5<化学分析>-7

関連項目