ガープス・ベーシック


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

GURPSの基本ルールであるガープス・ベーシックには第3版第4版両方のルールブックがあります。第3版のルールブックは、文庫版の『ガープス・ベーシック―汎用RPGルールブック』とその後に未訳部分を翻訳した大型本の『ガープス・ベーシック[完訳版]―汎用RPGルールブック』があります。第4版のルールブックは『ガープス・ベーシック【第4版】キャラクター』と『ガープス・ベーシック【第4版】キャンペーン』があります。

GURPS第3版

ガープス・ベーシック―汎用RPGルールブック』(文庫版)

1992年発売のページ数196ページの文庫本です。角川スニーカー文庫より出ていました。ISBN-10: 4044614016

エラッタ

個人のウェブサイトに掲載されているエラッタです。

ガープス・ベーシック完訳版』(大型本)

ハードカバーで328ページある大型本です。1999年に富士見書房より出ました。ISBN-10: 4829174099。
従来の文庫版ベーシックの未訳部分として、ガープス・ルナルガープス・ルナル・モンスター―7つの月の世界の怪物たちの文庫版のみに載っていた情報やガープス・妖魔夜行の「追加体力」「追加HP」のような有利な特徴や超人的な力やガープス・サイオニクス超能力などサプリメントに分散していたデータやルールもある程度この一冊にまとまりました。

この頃から完訳版の後に文庫本がなくなり、角川文庫に変わって富士見書房が出版社になり、ガープス・マジック完訳阪ガープス・百鬼夜翔などの大型本サプリメントが登場してゆくことになります。

エラッタ

個人のウェブサイトに掲載されているエラッタです。

GURPS第4版

GURPS第4版のベーシックはGURPS第3版ガープス・ベーシック完訳版に加えてGURPS Compendium IGURPS Compendium IIに分散していたデータやルールなどを一冊にまとめています。第4版からは大手術と言えるほどの大幅なルールの改善と整理整頓がされました。いわゆるマンチという、ルールの抜け道を利用していかに強力なキャラクターを作るかという技も使いづらくなり、ゲームバランスも整ってきました。

『ガープス・ベーシック【第4版】キャラクター』

いままでガープス・妖魔夜行ガープス・百鬼夜翔ガープス・サイオニクスなどを参照しなければ妖怪や超能力をもった強力なキャラクターを作成することは不可能だったことが、この一冊で可能になりました。
詳しくは、ガープス・ベーシック【第4版】キャラクターを参照してください。

『ガープス・ベーシック【第4版】キャンペーン』

詳しくは、ガープス・ベーシック【第4版】キャンペーンを参照してください。

GURPS原書

ガープス・ベーシック の原書についての詳しい情報はGURPS Basic Setを参照してください。