部位


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

部位 (ぶい)とはGURPSキャラクターの体の各部品単位。

普通の人間であれば当然、体には急所がある。それを部位としてGURPSでは設定されている。GURPS第3版では人間や人間に近い種族男性は、鼠径部女性にはない致命的な急所であると設定されていたが、リアリティに欠ける点とゲーム的に不公平が生じて女性PCの格闘家ばかり選ぶマンチプレイヤーが続出する事態を避けるためにそのようなルールは廃止された。GURPS第4版では普通の人間であれば、武器を持ったり道具を使うのは手であり、この手を損傷したり切断されると、「片手」「片腕」などの「肉体不利な特徴」を貰い、武器技能判定や手で何か道具を使う必要がある技能判定でハンディキャップを受けたり、まったく何もできなくなることがある。また足を損傷したり切断されると同様に「片脚」「下半身不随」などの肉体的不利な特徴を貰い、移動に支障を来たしたり歩けなくなるなどの不便を追う。
また肉体的有利な特徴である「追加の腕」「追加の脚」などを採り入れれば当然、腕や脚といった部位が追加した文だけ余分に増える。

防具によっては体の特定の部位だけを守るものや体のほとんどをカバーするものなどがある。

分類1 分類2 部位 原書名 備考
- 頭部
(Head)
頭蓋骨 Skull
Eyes
Face
全身鎧
(Full Suit)

(Body)
Neck
胴体 Torso
鼠径部
(そけいぶ)
Groin
四肢
(Limbs)
Arms
Legs
- Hands
- Feet