恥子2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

恥子 第二章 彼


「任天堂の商売は汚い」

と、いうタイトルのスレッドを立ててみた。
今回は久しぶりに食いつきがいい。
リロードする度に5つぐらいレスが付いてる。
1000行くかも、嬉しい。上機嫌で煽る。
ひっきりなしにレスが付く、忙しくて目が回る。
私は矢のように返答し煽る、
自分が何を主張しているのかもよくわからないけど
楽しくて楽しくてしょうがない。

私は中心、私は注目の的なのだ。
集え、名無したち。私が泣かせてあげる。
歯向かう彼らをばっさばっさと切り捨てる。
否、切られてるのは私。
誰が見たって劣勢なのは私。
だけどそんな事はどうでもいいのだ。
私にとってこの行為こそ至福なのだから。

だけど、ちょっと疲れてきた。
さすがにアタマの回転が追いつかないので少し休憩を入れる。

「ほんとお前ら頭悪すぎだろ(^-^;)
論破するのも疲れてきた・・・
もう一生やってろよ(^0^)」

ふう、缶コーヒーを口に含み一休み。
楽しいひと時の余韻にひたる。
きっと私の顔は凄くにやついているだろう。

私という主が去ってスレッドの流れが止まる。
みんなは私という灯りに集う羽虫。
それを失った彼らは散り散りばらばらに去っていく。
私はこんなにも求心力があるんだ、アハハ。
本当は知っている、私は見世物小屋のフリークスなんだって。
私という珍奇な存在をせせら笑うために彼らはやってくる。
けど、それでいいのだ。そうやって場を提供している
私は褒められていい存在。私は人気者なのだ。

しばらく時間がたったあと
私は灯火の消えたスレッドに戻り、再び
「楽しみ」を得ようとリロードする。

新着282件

え?
凄い数のレスが付いていた。
激しい煽り合い、長文、アタマに血の上った
人たちの書き込みが並ぶ。
ただの見世物小屋だったスレッドに
嵐が吹いていた。

その嵐の中心にいたのは。

「阿呆共の低脳レスには呆れ果てますね。ぷ
もう少し論理的な思考をしたらどうですか?
子供は寝る時間ですよ。爆笑」

ゲハで最も有名な、彼だった。