恥子6


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

恥子 第六章 リビドーⅡ

昼間の出来事が蘇る。
私を拒絶した彼。

「お前らって女とマトモに会話できんの?(^-^)」

悔しい。憎い。腹立たしい。
どうして私は―

「ちんこにカビ生えてるぞ童貞クン(^0^)」

―マトモに恋も出来ないのか。

「僕ちんはギャルとセクロスしまくりだが(^-^;)」

見た目ってそんなに大事?

「任豚は豚みたいなツラを整形すればいいのに(^0^)」

ああわかってる。それはとても大事な事なんだよね?

「やっぱ人間顔が全てでしょ(^-^;)」

―――だけど

「おちんちんたってきた(^0^)」

性欲を、持て余す。
満たされてないからなのか、それとも私がそういう人間なのか、
セックスに対する感心は人一倍強いと思う。

あの時、「お兄ちゃん」に犯さされたショッキングな出来事も
今では私の“オカズ”だ。
  ・・
私のココはもう誰にも触れられる事もないんだろうな。

そっと手をやる。濡れていた。

―ナイテイルノ?

くちゃくちゃと淫靡な音を立てる。
感動の無い自慰。
気づけば、頬も濡れていた。

私はココロもカラダもナイテイタ

普通に恋して、普通に愛し合って、普通に重なり合う。
そんな「普通」は私にはとても難しい事なのだ。
生まれの不公平を呪えばいいのか。
誰にでも与えられるささやかな幸福が無い私。

(聡子よりもっと下の奴がいるじゃん(^-^;))

(ほら見てみろよゲハのクズ連中を(^0^))

(こいつら煽って楽しもうぜ(^-^)v)

うるさい、あんたは出てくるな!

(なんだよ聡子、お前は僕ちんだろう?僕ちんはお前だ(^0^))

違う、あんたはただの「恥Wii」だ!

(恥Wiiと聡子、どっちが本当のお前なんだろうな?(^-^))

(楽しいだろう?煽って釣って馬鹿にして・・・なあ?(^0^))

私はそんなんじゃない!私はもっと・・・

(もっと・・・なんだ?ほら、お前は恥Wiiになる自分が楽しい(^0^))

(いや、なったんじゃない、還ったんだ(^-^))

(お前がいるべき魂の器に(^0^))

私は・・・私は・・・

「生き恥ウゼえマジで死ねよ・・・お前こそ童貞だろ?」

(ほら、お客さんだぜ、ガツンと煽りカマシちまえ(^-^))

ワタシ・・・ハ・・・

「君マンコ見た事あるの?ないよね(^0^)
まあ幼女強姦とかはやめといたほうがいいよ任豚くん」

(よくできました!パチパチパチ(^0^)」


私・・・こんなんでいいのかなあ?お兄ちゃん・・・
お兄ちゃんは今どこにいるの・・・?逢いたいよ・・・

明け方のか弱い朝の光が差し込んだ部屋で
私は声を殺して、また、泣いた。