キミとボクの道

きみとぼくのみち【登録タグ: 0108-音屋- SOLIDIO ちぃ テラ小室P 他P 巡音ルカ

作詞:SOLIDIO他Pテラ小室Pちぃ
作曲:SOLIDIO他Pテラ小室Pちぃ
編曲:SOLIDIO他Pテラ小室Pちぃ
唄:巡音ルカ

曲紹介

歩き出そうとするキミとボクへ
  • 「0108-音屋-」からみんなへ贈る春の歌。
  • 0108-音屋-のアルバム『JAPON』収録曲。

歌詞

人混みの中で立ち止まる
置き去りのままのボクの影
キミは今どこにいるのかな?
続く空の果て届くかな?

想い描いた道のその先に
ボクらは立っているだろうか?
叶わないと夢を捨てながら
それでも、今ココにボクはいるよ・・・

歩き出す桜並木の道を
振り向かず そう 前を見てゆこう
またここで出逢えるときはきっと
涙なんかじゃなく
笑顔でいられるように

人波に飲まれ忘れてた
いつかの笑顔 キミの影
今でも憶えているのかな?
「変わらないよ」と言ったあの日

夢を描いた地図を広げては
無邪気な笑顔で話していた
あの日の僕らがいた風景が
霞んでしまわないように ずっと・・・

歩いてた桜並木の道は
それぞれに そう 分かれ行くけれど
もう一度この場所で逢えるように
ボクは僕の道を
今でも 歩いているんだ

歩き出す桜並木の道を
一歩ずつ そう 前を見てゆこう
またここで出逢えるときが来たら
涙なんかじゃなく
笑顔でいよう

すれ違う桜並木の道で
それぞれに そう 答え見つけるよ
もう一度この場所で逢えるように

キミは君の道を・・・
ボクは僕の道を・・・

キミとボクの道を

いつでも 歩いてゆくんだ

コメント

名前:
コメント: