パストラル

ぱすとらる【登録タグ: 初音ミク 柊秀雪(農家のP)

作詞:柊秀雪(農家のP)
作曲:柊秀雪(農家のP)
編曲:柊秀雪(農家のP)
唄:初音ミク

曲紹介

  • ある畜産農家さんの物語です。
    同じ農家として、黙っていられなかったので一曲書かせていただきました。
    少しでもこの事の真実が、多くの人に届く事を願ってやみません。
    パストラルとは、ここでは「牧歌」「田園曲」という意で使っています。(作者コメントより)

歌詞

ピアプロより)

ずっと見続けた夢があった
苦しい日々にも耐えた
誰にも何度も頭下げた
そして やっと掴み取った
小さな牧場

初めて水牛(かれら)がやってきた日
あの日の事は今でも忘れられない
まるで子供のような無垢な目に
何があっても守ると決めたんだ

朝から晩まで汗流した
お金なんてなかった
それでも幸せだった
これが ずっと夢見てた
牧歌の様な暮らし

やがて立ち込める不穏な気配
焦りと不安でただひたすら走った
それでもまるで嘲笑う様に
悪魔が彼らに牙を剥いたんだ

戦った
けれど 無情に
終わりを告げる死神が 今
僕の城を崩していった…


戦った
けれど 無情に
みんなみんな埋められていく
僕は夢を守れなかった…!

悲しくて 悲しくて 涙が止まらない
悔しくて 悔しくて 言葉も出ない
ごめんね ごめんね 心で繰り返す
振り絞るように 最後の言葉

「残念です」

コメント

  • 泣いた。父の実家が宮崎ということで本当に泣いた。皆苦労しているのに・・・! -- 名無しさん (2010-06-14 17:38:23)
名前:
コメント: