この星空の下で

このほしぞらのしたで【登録タグ: honana 初音ミク

作詞:honana
作曲:honana
編曲:honana
唄:初音ミク

曲紹介

  • 今回は、秋から冬にかけての星空の下を舞台にした世界観の曲です。
    一見恋の歌ですが、もっと普遍的な愛をテーマにしたつもりです。
    それと、個人的に応援したい人がいて、その人への応援ソングでもあります。
    どうぞ、聴いてください。(作者コメントより)

歌詞

ピアプロより転載)

雨降り 静かに
君のことを思い出すよ
愛しいその手を
心の中で繋ぎ返してる

どんな時も独りじゃ
無かったよね 嬉しい
きっとこれからもずっと
一緒だよ ほら
二人の欠片 雨粒に反射してる

秋の夜空 まだ曇りがちで
時に二人の心 すれ違い
分からなくなる日も
たくさんあったよ 切なかった
でも確かに 繋がれた絆
そんな時にも分かり合えると信じてたよ
きっと君と 明日も 歩いてく

空風 冬の日
君と星を眺めていた
輝く星空
二人見守る光みたいだね

どうすれば 君ともっと
近くに居られるかな
そんなこと打ち明けたら
君はぎゅっと 息が止まるほど
強く抱いてくれたね

いつか二人 遠く離れても
強く結んだ絆 忘れない
ありがとうをね 君に今伝えたい
忘れないで
たとえ命 尽き果てててもね
心はずっと 繋がっているよ
さよならは言わないんだ
変わらず 歩いてく

いつか見た 星空を
心に刻み込もう
もう会えなくなっても
大丈夫なように 寂しくないように
強く生きていけるように

幾千のね 星たちの中で
出逢えたことは きっと奇跡だよ
君と僕とを 固く結んでる 永遠の糸
ずっと離さない 君のことをね
どんな壁でも乗り越えてみせるから
きっと これからもね
信じて 歩いてく

コメント

名前:
コメント: