雪風

ゆきかぜ【登録タグ: なおぽ 神威がくぽ 鏡音レン

作詞:なおぽ
作曲:なおぽ
編曲:なおぽ
唄:神威がくぽ・鏡音レン

歌詞

舞い散る雪は二人を引き裂いた
春を告げる風は未だ来なくて

さよなら この雪はいつの日か溶けると
私はどうして気付かなかったのだろう
それでも貴女と生きてゆくことだけは
許してほしかっただけ

凍りついた大地の中で今も残るそのぬくもりが
私を悲しませ続けた もう一度貴女に会いたい
私の愛した雪風よ 終わることのない楽園へ
どうかその場所へ導いて もう一度貴女を抱きしめさせて

さよなら いつかこの日を迎えることを
私はどうして気付かなかったのだろう
それでも貴女と契りを交わすことを
許してほしかっただけ

白く光る大地の中で途切れた記憶とその命
あの頃にはもう戻れない もう一度貴女に会いたい
私の愛した雪風よ せめて暖かな花となれ
この心に生きる貴女をほんの僅かでいい 抱きしめさせて

空を舞う鳥は振り向かずに翼を広げて飛び立った
置き去りにされた私だけが羽ばたけずに残され

凍りついた大地の中で降り注ぐ悲しみの礫
どうか穏やかに眠らせて もう一度貴女に会いたい
私の愛した雪風よ いつか光溢れる場所で
まだ出逢えると信じている もう一度二人で歩いて行こう

やがて春を迎え花が咲きゆっくりと散ってゆくのだろう
誰かを看取りやがて看取られる それだけのことだった


コメント

  • 良い曲だよ!!!! -- 弥伊 (2010-10-06 17:35:20)
名前:
コメント: