in sha anta

【登録タグ: I 初音ミク 少々P 蜜蜂

作詞:蜜蜂
作曲:少々P
編曲:少々P
唄:初音ミク

曲紹介

  • ピアプロコラボで作成された楽曲。
  • アラビアン風。
  • 生と死。生と性。性と死は、密接していると思うのです。(作詞者コメントより)
  • 初音ミクAppend SOLID を使用している。

歌詞

ピアプロより転載)

指先から這い上がる
戦慄(わなな)きか それとも熟れた快楽

しゃららしゃらんと煌めく
装飾品が泣き叫ぶ
誰か止めてと叫ぼうと
私は望んでなどいないの

捕らわれたのは強張る体
潤滑油を挿して 解(ほぐ)して支えて
捕らわれたのは脅えた心
がらんどうの容器に注ぐ


皓々と照る月が曝す
酔狂な座興(あそび)と馴れた奴隷

冷めた視線でより熱く
静まるほどに迸(ほとばし)る
これが最期と知りつつも
私が望んでいることなの

捕らわれたのは平伏す心
選択肢を剥がれ 余儀なく得たもの
捕らわれたのは捩(よじ)れた体
刻み付けるように揮(ふる)う


ishtara ana. ahabba ana. li huwa ma-shiya.
yabtasimu, fariha, yaqbalu, na-ma.
fa aha-na ana ihtima-m bi a-jiz an.
in sha anta. alla-hu yahmi-ka.

捕らわれたのは生身の体
血潮たぎる声(せい)を 搾れと囃され
揺さぶられたのは惰弱な心
見透かさないままで 見ていて

捕らわれたのは最後の足掻き
抱き竦めるように 描(えが)いた弧は逸れ
攫われたのは思慮する心
弔いの火影(ほかげ)が揺れる

コメント

名前:
コメント: