夏の閃光

なつのせんこう【登録タグ: Maricca ことえり(♂) ンジャメナP 初音ミク
作詞:Maricca
作曲:ことえり(♂)
編曲:ンジャメナP
唄:初音ミク

曲紹介

  • 今作は、CD『THE DARK OF WANDERING』収録曲の バンドエディション。
  • 参加しているのは ギター: 来栖川兄氏、ベース: こくまろみるく氏 という豪華メンバー。
  • 歌詞は Maricca氏 、アレンジは ンジャメナP こと もちごめ氏 。
  • イラストは 翼叉氏 、動画は Spica0350氏 が手掛ける。

歌詞

眩い光と影 夏の
日差しは今日も強くて

遮断された感覚を取り戻せず
立ち尽くしてる
何者なのかさえ分からなくなって
絶望を叫ぶ

夏の閃光と
掌で踊る 小さな誰かの怒り

静かに燃える
幾千の瞳は 今何を願うの

手に触れる感触をずっと
頼りに導を探しているけど
この胸に潜んでた 影が
宵闇に訪れる

陽の光を忘れ時だけが流れ
寝そべった床
冷たさだけが頬に染み渡ってく
青空は遠い 嗚呼

夏の閃光は
掌で踊る 小さな私を見てた

寄せては返す
波のような熱に 背を向け逃げても

手に触れる温もりを ずっと
頼りに導を探していたけど
鼓膜切り裂くような そんな
悲鳴に飲まれそうで

教えていつか いつか夜は明ける? 
彷徨う闇に 問いかけていた日々
巡る季節と 咲いた夾竹桃
賑やかな街に 天からも祈りを

鼓膜切り裂くような そんな
悲鳴に飲まれて消えてしまっても
逃れられるはずない 記憶
この身体に刻まれた過ちを
亡くしてしまわぬよう 告げる
さあ今、唄に変えて 歌うよ

コメント

名前:
コメント: