南十字星

みなみじゅうじせい【登録タグ: tenmoto 初音ミク

作詞:佐田宗義
作曲:ten­mo­to
編曲:ten­mo­to
唄:初音ミク

曲紹介

  • 地元鹿児島の星空をバックに、初音ミク­に歌ってもらいま­した。(作者コメ転載)

歌詞

寝る前に歯を磨く僕の
ケータイに君はメールをよこす
15分後にいつものところで

待ちくたびれちゃったじゃないと
君は息弾ませた僕の
袖つかんで連れてく
丘の上まで

あれが南十字星だよ
得意げに笑う君
夏空の星たちの輝きを
その目に閉じ込めて

僕と言えば今この場所が
世界で一番の
特等席だなんて思ったりしてる

お楽しみのところに水を差すようで悪いけれど
南十字星って言うのはもっと
南に行かなきゃ見れないよ
あれは白鳥座か何かで
えてして似て非なるものだよ

何でもっと早く教えてくれなかったのって
耳を真っ赤にして君は言うけど

とてもじゃないけど言えないよ
少し早とちりで 
ドジだけどどこまでも
真っ直ぐなところが好きなんて

君と言えば僕の気持ちも
知らずに怒ってる
夏空の星たちを背にして

見上げれば 流れ星の群れ

いつか君を連れてくよ
南の星空の向こうに
そんなこと考えてたら
不意に君を抱きしめていた

好きだよ 募る想いが
夜空を震わせた
熱くなってく僕の耳元で
ささやく君の声

待ちくたびれちゃったじゃないと
少しだけはにかんだ
微笑で星たちさえも霞ませた

あれが南十字星だよ
得意げに笑う僕
南の星空の向こう側で

見上げれば 南十字星

コメント

  • 涙が出そうになります -- 名無しさん (2011-03-11 21:55:58)
名前:
コメント: