恋を泳ぐさかな

こいをおよぐさかな【登録タグ: 巡音ルカ 花一

作詞:花一
作曲:花一
編曲:花一
唄:巡音ルカ

曲紹介

  • サムネになっている 優氏 のイラストに触発されて作られた、綺麗で浮遊感溢れる和風エレクトロニカ。
  • ぼからん#155」のEDに採用。

歌詞

別れ際の指切りを憶えてる?
ただやり過ごそうとしてたあの頃を
君の背中を照らした夕焼け
振り返る顔を一瞬見失った

思い出を泳いでる 赤いさかな
波を掻いて うたかたと溶けていった
名前も知らず なぜ好きと言ったの?
君の影に閉じ込められたさかな

ペンの走る音が耳を掠める
君の乾いた笑いとよく似ていた
まどろみの中後ろ姿に伸ばす手
それは緩やかな夕暮れのことで

たばこの煙に伏せられた目蓋
ノウゼンカズラ見せたこと 夢じゃなかった
誰の手も届かない奥深く
ぽとりと落ちた 花火のようなさかな

もう何年も君を見てきた
気づかずにつく嘘も知ってた
君が思うよりも君を知ってる
だからちりちりと音を立ててく恋を
静かに見守っていてあげて

あの一瞬影をすり抜けたさかな
こんなに報われた恋は生まれて初めてだった

思い出を泳いでる 赤いさかな
波を掻いて うたかたと溶けていった
誰の手も届かない奥深く
ぽとりと落ちた 花火のようなさかな

コメント

  • きれい -- 名無しさん (2010-09-23 21:17:08)
  • すごく癒される曲です -- 名無しさん (2010-10-14 08:49:56)
  • 微睡むような揺れてるような不思議な感じが素敵。 -- めだ (2011-09-10 04:19:20)
名前:
コメント: