10Years After


作詞:ハヤカワP
作曲:ハヤカワP
編曲:ハヤカワP
唄:初音ミク

曲紹介

「アナタ」のことは誰よりもよくワタシが知ってる。
  • 歌詞は「時をかける少女」と「ドラえもんのび太の大魔境」のラストをイメージして作ったとのこと。
  • この曲では自身初のドラムンベースに挑戦。
  • イラストは 佳世氏 が手掛ける。
  • コンピCD「Compilation Album 理科室 "アルカリ盤"」収録曲。

歌詞

日当たり悪い 北側校舎の奥
突き当たりの部屋 まだ覚えてた
傾くプレート 軋む扉の向こう 
懐かしい薬の香りが胸に満ちた

今日の14時15分に 10年前のワタシが
制服を着たワタシが ここに跳んで来る
居場所なんて無くって 時間の迷子になって
時の向こうへ逃げ出してしまったの

あの頃のワタシ 何にも無かった
酔えそな悲劇も 飛び抜けた幸せも
忍び込んだ 標本の森の中で
胸に満ちた 花の香りがココロ逃がした

今日の14時15分に 10年前のワタシに
大人になったワタシが ここで出逢うのね
ちゃんと言えるかな? あの日、言われたように
10年後のワタシから「アナタ」へ

心配しないで ちゃんとやれるよ
「アナタ」が思うより セカイは優しいよ きっと

きっと今は不安で 未来なんて真っ白で
何処へ行けばいいのかも 分からなくて
だけど覚えていてね 理科室の午後のこと
そして10年後「アナタ」の番だから 

伝えたいことがあるんだ 苦しかった毎日
その全てがワタシの宝物
ちゃんとなれるよ 「アナタ」が望めば
未来はその手の中で眠ってる

コメント

名前:
コメント: