世界に独り…

せかいにひとり【登録タグ: waraP 初音ミク 鏡音リン

作詞:waraP
作曲:waraP
編曲:waraP
唄:初音ミク・鏡音リン

曲紹介

  • 物語風の世界崩壊曲。前半がミクで後半がリンとなっている。

歌詞

ある時を境に 世界は 少しずつ うすくなっていきました
人が消え 木が消え 世界そのものさえ 消えようとしています
わたしは そんな世界に 取り残された

世界に独り… side. MIKU

砂の地平に夕日が沈み 世界の色彩が薄れていく
かすれた風景と失われた音 世界の存在がしだいに薄まっていく

優しい暖かな時へわたしは帰りたい
歌はまだうたえるのにここは誰もいない
私の心機械でも独りはさみしいの
幾千の流れ星よ祈り願い届けて(逢いたいの聞いて神様よ叶えて)

そのとき わたしは 声を 聞いた

世界に独り… side. RIN

欠けた天の月が時間を刻み 世界の輪郭がおぼろげになる
消えゆく風景と帰らない音 世界の終焉がしだいに近づいていく

記憶に残るあの場所へわたしは戻りたい
あの時うたった歌もまだ覚えているよ
私の体機械でも温もりはほしいの
幾千の流れ星よ 祈り 願い 届けて(聞かせたい 歌を 神様よ 叶えて)

世界に独り…

そして わたしたちは 出逢った

世界に終りが来てもわたしたちは歌う
散り散りになった世界をまた繋げるために
世界の記憶を全て歌にのせて紡ぐ
最後の歌 最初の歌 生まれ変われ世界よ(奏でては創る わたしたちの世界よ)

コメント

名前:
コメント: