こいねがう

こいねがう【登録タグ: kk2 初音ミク
作詞:桃子
作曲:kk2
編曲:kk2
唄:初音ミク

曲紹介

  • kk2氏 の6作目。
  • 寿命が近い女の子が病室から会えなくなった恋人を思う曲です。(作者コメ転載)
  • 今作では 初音ミクAppend(Dark・Soft・Sweet)を使用している。
  • 歌詞をPIAPROで公募した結果、 桃子氏 の作品を採用。
  • イラストを ひとひら氏 、動画を さくさく鳥氏 が手掛ける。

歌詞

あなたへ注ぐ雪になりたい
儚く消える最後なら
その腕に堕ちて行きたいよ

窓の向こう遠い世界が深い白で染まる
願い 祈り 微かな希望 全て覆うように

初めてね
並んで歩いた緩やかな坂道は
透き通る息 春の訪れを告げていたよ

終わる もうすぐ枷が外れる

あなたへ注ぐ雪になりたい
やがて失う形なら
その熱に溶けて消えたいよ

あなたの凍てる頬に触れたい
もうすぐ零れる涙を
この指で全て拭えたら

「いつか」をつけ交わす言葉は全て嘘に変わる
「ずっと」なんて笑うあなたは最後まで優しい

最後にね
私を抱えて降りたあの坂道で
不規則な息 永久(とわ)のお別れを示していた

目蓋 閉じれば今が途切れる

あなたへ注ぐ雪になりたい
儚く消える最期なら
その腕に堕ちて逝きたいよ

あなたの元へ駆けていきたい
願いが一つ叶うなら
行きたいよ
やだよ 
生きたいよ

コメント

名前:
コメント: