神様隠し/神創り篇

かみさまかくし かみつくりへん【登録タグ: フユヲ 初音ミク 鏡音リン 鏡音レン 黄昏P

作詞:フユヲ
作曲:黄昏P
編曲:黄昏P
唄:初音ミク・鏡音リン・鏡音レン

曲紹介

  • 「神様隠し」における「神創り編」の曲3つがメドレーになった曲。
  • 曲順は「かごめの夜」→「神様創り」→「花籠女の夜」

歌詞

かごめの夜

ピアプロより転載)

お山の奥の小さな里の
金髪青目のかわいい娘
お山の奥の小さな村で
同じお顔の弟と
いつもふたりで仲良しこよし

お山の奥の小さな里で
かわいい双子のお子様を
愛し愛して育てた娘
緑の御髪に青いお目々の
やさしい綺麗なお巫女様

いつも三人仲良しこよし
お歌を歌ってお手々を繋ぎ
ととさまたたさま居らずとも
今日も三人お手々を繋ぎ

<花一匁 鬼ごっこ かごめかごめと 手鞠歌>

お山の奥の小さなお里
お山が枯れてひとは泣き
金髪青目のかわいい娘
愛し愛した弟と
さよならしますと決めました

<私は幾ら 花一匁>

お山の奥の小さなお里
街へ売られるかわいい娘
ゆびきりげんまんやくそくしましょ
私の姉様 可愛いお人
帰ってきますいついつか

お山の奥の小さなお里
残され泣いたお巫女様
金髪青目のお子の手繋ぎ
泣いて泣いてはやくそくひとつ
お山もこの子も必ずや

<花一匁 私は幾ら>
<かごめ かごめ むすめはひとり かごのなか
おやまのかごめ まちかごめ かごめかごめとかごのなか>

それはお山の遠いお話
枯れはて飢えたお山のお里
街に売られたかわいい娘
取り残された弟と
お子らを愛したお巫女様

ここで待ちますいついつまでも
この子と待ちますいついつまでも
この子を守り
お山を守り
また三人で いついつまでも

<かごめ かごめ おやまのむすめはまちかごめ>

神様創り

それはお山の昔の話
やさしいかなしい巫女様の

お山の奥の小さな里に
ひとり住んでるやさしい人は
緑の御髪に青いお目目の綺麗な綺麗な巫女様で

お山を愛するやさしい人は
お里を愛するその人は
枯れたお山に渡して
飢えたお里に渡して
お山の柱になりました
お山のお嫁にいきました

お山を愛するやさしい人は
お里を愛するその人は
お山のお嫁にいきまして
お山の神様になりまして
ひとりぼっちになりました
山神様になりました

それはお山の昔の話
やさしいかなしい巫女様の
お歌の好きな巫女様の
お嫁にいった巫女様の
緑の御髪の娘の話

お山の奥の小さなもりに
ひとり住んでるさびしい人は
緑の御髪に青いお目目の
いつかどこかの巫女様で

かなし かなしと 歌うひと

花籠女の夜

ピアプロより転載)

<かごめ かごめ かごのなかのはなは
なになにおもう とおくのそらに>

街灯り 灯篭の 贋物の灯
いとし こいし
悔いなど無いけれど
いとし こいし
あの人は泣いてはおらぬか
あのお子は泣いてはおらぬか
私 私はさびしけど
泣いてはおらぬと伝えてほしい
だけど だけども いとしや こいしや

籠から仰ぐお空は遠し


仰ぎ見る 遠い空 色は同じ
懐かしや 夢に見る 緑のお山
いとしや こいしや なつかしや
籠のお外はなつかしや
緑のお山がなつかしや
だけど だけども 私 私は
籠から出られぬ もう出れぬ

今日は誰と遊びましょう
明日は誰と遊びましょう
明日は誰を知るのでしょう
だから私はもう出れぬ


<かごめ かごめ かごのなかのはなは
なになにおもう とおくのそらに>

<いとしや こいしや なつかしや
みどりのおやまのいとしいひとら>


それでも私 私はここで
明日は誰と遊びましょう
明日は誰を知りましょう

<おやまのゆめみてまちかごめ
うまれてしんでまたうまれたら
こんどはさんにんおててをつなぎ>

娘はぽちゃんと沈んで消えた

コメント

名前:
コメント: