崩れゆく日々の中で

くずれゆくひびのなかで【登録タグ: あるごりずむ 初音ミク

作詞:みみ
作曲:あるごりずむ
編曲:あるごりずむ
唄:初音ミク

曲紹介

  • あるごりずむ氏 のボカロデビュー作。
  • 曲調の異なる二つの曲が繋がった、面白い構成になっている。
  • 歌詞を みみ氏 が、イラストを loAlo氏 が、動画を 黒井心氏 が手掛ける。

歌詞

翳(かげ)り出した僕の空は
いつもの様に曇り空で
歩いてきたこの道は
いつもの様に ガラクタで

目に入る落書きさえ
煩(わずら)わしくて仕方なく

瞑(つぶ)る 視界 廻る 思考
黒く 淀み 溜る 苦痛
僕は足掻(あが)く事も忘れ
もがく事で更に落ちる

どうしろって言うんだ! 答えはどこで
吐き出したらいいの? 一呼吸して泣いて
何処行けばいいんだ・・・ 声は出ず消えてた
崩れゆく日々の中で

夢に出た笑う声は
暖かくて嬉しそうで

知らない 知りたい あるよ ここに
僕も 笑う 姿 そこに
過去は過去で嬉しそうに
だけど今はひとりぼっち

どうしろって言うんだ! 答えはどこで
吐き出したらいいの? 一呼吸して泣いて
何処行けばいいんだ・・・ 声は出ず消えてた
崩れゆく日々の中で

「ねぇ 聞こえてる?」 君だ
「ほら 見てこんなに晴れている空」

「綺麗」「素敵」「凄い」「嬉しい」
「良いね」「大事」「大切にして」
変わる表情優しい言葉
なんで僕の傍に居るの?

「理由なんてないよ ただ居たいだけ」
「同じ気持ちを 感じて」

泣いていた僕の 頬を撫でて 
風が過ぎ去る 香りを残して
ほんの少しの 出来事だったけれど
君の居ない僕の思い出

翳(かげ)り出した僕の空は
いつもの様に曇り空で
歩いてきたこの道は
いつもの様に ガラクタで

目に入る落書きさえも
煩(わずら)わしくて仕方なくて
夢に出てきた笑う声は
暖かくて嬉しそう

だけど僕は気付いたんだ 置き去りにされたあの過去の中に
大事な物を置いてきた 必要なのに

だから僕は取りに行くよ 君にもう一度会いに行くよ
あの言葉を頂戴

そして僕は気付いたのさ 置き去りにされたあの過去の中に
大事な物は泣いていた 寂しそうに

だから僕は抱きしめるよ 君にもう一度会えたからね
あの言葉が今また自分を変えていく

沈んだ僕の心に聞こえるよ君の声
同じ気持ちを感じているんだ今
落ちた僕は必死に足掻(あが)くんだ今度こそ
曇り空に光が射し始めてる

コメント

  • いい曲。もっと評価されてほしい>< -- みみ (2011-04-18 00:22:33)
名前:
コメント: