想い焦がれて茜色

おもいこがれてあかねいろ【登録タグ: タドスケ 初音ミク

作詞:タドスケ
作曲:タドスケ
編曲:タドスケ
唄:初音ミク

曲紹介

  • やたらと昭和の香りが漂う恋の歌。

歌詞

ピアプロより転載)

バスを待つ貴方 声を掛けたくて
だけど出来なくて 二人佇んでる

ふと遠くから その名呼ばれ 静かに向いた
貴方の眼に映る影は 名も知らぬ人

待ち侘びて月日は流れて どれほど経ったでしょう
例え身分違いの 恋だとしても
その人があなたにとっての 大事な人ですか
それでも私 想い焦がれてこの胸は 茜色


胸が苦しくて 何も出来なくて
一人取り残し バスは走り出す

後部座席に 座る貴方の 隣で笑う
愛しい人になりたいだけ それだけなのに

好きですと言えたら私を 囲ってくれますか
例え彼女の次でも 構いません
その先で私を捨てたら この身を投げましょう
それほど私 想い焦がれてこの胸は 茜色


待ち侘びて月日は流れて どれほど経ったでしょう
例え身分違いの 恋だとしても
その人があなたにとっての 大事な人ですか
それでも私 想い焦がれてこの胸は 茜色

コメント

名前:
コメント: