螺旋の木に綴る一節

らせんのきにつづるいっせつ【登録タグ: KAITO 鉄分P

作詞:鉄分P
作曲:鉄分P
編曲:鉄分P
唄:KAITO
コーラス:鏡音リン

曲紹介

異なる文化、価値観を持つ街にやってきた若き医師の話。

歌詞

(黒=KAITO、オレンジ=リン)

風が紡ぐ街へと 一人荷を背負い
鼓動の先を告げる絆を 今はまだ知らずに
遠く離れし郷里(さと)の願いを抱いて
道行く人に尋ね歩く この風の行方を

かつて災いを運んできた種は
何れまた同じ業を積み上げるのだろう

根源を繋ぐ螺旋の木よ
この地に住まう者 全てに伝えて
もしも明日を包む光を望むなら
新たな道の先をどうか拒むなかれ、と

旅空の下過ぎゆく 小さき邑々(むらむら)
朽ち果てて忘れ去られる 病に蝕まれて

古き(えにし)を辿る掟を廃せば
凝り固まった鬱念が 其を許さず縛り付ける
遠き大地よりもたらす 異郷の知と技を
否定されて踏みつぶされて 何も救えぬことを知った

苦しむ人がいる それを和らげる術もある
けれどそれを望まぬ者に どうしてこの手を伸ばせようか

諦めに沈んだ私に 嘆かないで 外つ国人よ
ほのかに笑いかけてくれた 貴女の厚意を疑いはしない
少女が語る古よりの けれど風と歩んできた
約束 即ち…… 我らには我らの法があるのです

風と大地へ捧ぐ生命(いのち)を 少女は抱き逝くのだろう 風と生きる我らの約束 根源を繋ぐ螺旋の木よ
無力に立ちすくむ私に ただありがとうと笑って 恐れはしないわ 誇りにこそ思う この地に住まう者 全てに伝えて
優しき魂に安らぎを 愛しき心に祝福を 螺旋のゆりかご 再び廻るから もしも明日を包む 光を望むなら
君が守らんとしたこの地に 私は挑もう何度でも 気付いてください また逢えたなら 天へ送る火を どうか恐れないよう

コメント

  • リンちゃんの声が優しくて好きです// -- 愁泉 (2011-04-14 15:45:35)
  • リンの声がすごく綺麗だと思いました。メロディーもすごくいいと思います。 -- 昴。 (2011-05-04 16:25:24)
  • めっちゃキレイ!!! -- 瑠卯 (2011-08-11 21:33:36)
名前:
コメント: