Brilliant > フカクボリョウ

作詞:フカクボリョウ
作曲:フカクボリョウ
編曲:フカクボリョウ
唄:初音ミクAppend

曲紹介

  • 「フカクボリョウ」名義では最終作となる曲。
  • 1年間傷ついて傷つけて、ここまできました。自分の輝きの価値はわかりませんが、誰かの心に少しでも響いていてくれれば幸いです。(作者コメ転載)
  • イラストは さいね氏 が手掛ける。

歌詞

鉛色の空と刺さる風がまた
僕を優しく包む
いつもくり返してここに流れ着く
まるで季節が
巡るように

抱えきれないほどの傷を受け止めて
飛び散った心の破片を
掻き集めてはまた歩き出す
その日まで
少しだけ夢を見させて

暮れる街の色と消える音がまた
僕を優しく包む
いつもくり返してここに帰り着く
まるで季節が
巡るように

抱えきれないほどの痛み受け止めて
飛び散った心の破片を
掻き集めてはまた歩き出す
その日まで
少しだけ夢に融けさせて

またいつの間にか芽をつけ始めて
桃色の華で彩る
そんな君のことをただ求めている
また出会えるように

歩き疲れたなら少し休もうか
足を止めてもいいさ
空も海も街も逃げはしないから
手を伸ばせばいい
もう一度

嵐の向こうの嵐まで
この声が届くまで歌い続けよう
夢が夢で終わらないように
抱きしめて
もう二度と手放さないから

数えきれないほどの傷を受け止めて
飛び散った心の破片を
掻き集めてはまた歩き出す
その日まで
今だけは夢に融けさせて

コメント

  • いい曲・・・! -- 名無しさん (2011-08-12 22:01:39)
  • もっと評価されるべきだと思う 癒される音楽 -- 名無しさん (2011-08-16 15:30:12)
  • この曲大好きだ もっと評価されるべき -- 名無しさん (2013-01-22 17:17:41)
名前:
コメント: