SENTIMENT

【登録タグ: S ヒーリングP 鏡音リン

作詞:ヒーリングP
作曲:ヒーリングP
編曲:ヒーリングP
唄:鏡音リン

曲紹介

  • 企画「時田トリビュート」用に投稿された曲の1つ。

歌詞

作者ブログより転載)

雨に打たれた鏡が 矯正中の歯を映す
彼が履いた運動靴に付いた土が腐ってる

 誰が為に消え去って
 スキンケア 怠って
 果物を切るナイフ
 柘榴の実の様な赤

死体型のアンティーク 撫でて歌う真似をする
翳る陽が甘く薫り 湿り気が髪に触れる

 未だ見える残像を
 街灯が模って
 針金の秋桜が
 組織液 狂わせる

  感情が熱を出して 生きる糧を求めている
  コンクリートが固まり 悲観する声が朽果てている
  感情が血を流して 惹かれ合い叫んでいる
  浮かぶ顔に身を寄せて 触覚が切に行方求める
  感情が息を止めて 過去を流し蹲る
  毒を盛られている様な苦しみが走り涙を流す
  感情が凍り付いて 惚けて壁に靠れる
  只 進んで行く時間を 何も出来ないと儚く憂う

コメント

名前:
コメント: