満つる夜半の歌

みつるよわのうた【登録タグ: KAITO わんだらP

作詞:わんだらP
作曲:わんだらP
編曲:わんだらP
唄:KAITO

曲紹介

  • まさに「夜のうた」。後にこの曲と対になる「そよぐ真昼の歌」が投稿された。

歌詞

PIAPROより転載)

祈りに送られ 陽が落ち 夜は更けて
月の弦が 音色のない調べを紡ぐ

仰ぐ天幕 飾る星辰が
伝えるは 太古の 果てなき夢

岩陰の花も 水辺の渡り鳥も
あまねく 闇のふところに 抱かれて眠れ


ひたる幽玄 故郷の大地が
恵むは たまゆらの はかなき夢

揺られる赤子も 戦地を駆る兵士も
等しく 夜半(よわ)の歌声に 抱かれて眠れ

仮初めの 無に沈みゆく

コメント

  • ん~ もったり!癒される -- 名無しさん (2009-04-09 22:49:51)
  • 癒される! -- コト (2010-02-07 15:15:56)
  • 満月の夜とかに静かにまったり聴きたい。↑2人に同感 癒される -- 旋風 (2011-02-13 21:29:49)
名前:
コメント: