混沌

こんとん【登録タグ: KAITO わんだらP

作詞:わんだらP
作曲:わんだらP
編曲:わんだらP
唄:KAITO

曲紹介

  • わだつみ」と「ひのかみ」を重ねた作品。
  • 「ひのかみ」は「わだつみ」と重ねることを想定されて作られた。

歌詞

我の声を聴け 戒めを 胸に刻め
a a
(青き深淵より あまた 生まれ出でし あぶくの魂どもよ) (明け初める その全てを 我 たおやかに 迎え入れる)
a a
日輪の紋様をあしらう 東の裾 羽織る衣 たなびく光となりて
船人が波間の うつし世を渡る 清らかに 天下の うつし世を照らす
a a
はやし奏で まつる唄 その畏れ 絶やす事なかれ よろずの神をあがめ 鎮めるは 人の勤め
荒きうねりは 我の怒りと知れ この舞 転じて乱となれ
a a
突き上げる轟き 高き天も割る 雷よ翔けて 満ちる海も射よ
生きとし生ける源は 我にあり 命 栄えるは 我の徳なり
a a
(しろがねの渦より 還れ 螺旋の戸をくぐり 我が元へと) (暮れ染まる その全てを 我 しめやかに 送り届ける)
a a
月読の金糸が 潮招く 西のたもと 落とす涙 しのつく 雨となりて
船人は舵を折り 藻屑と沈む おごそかに 残された 穢れを流す
a a
千代に不動のことわり ゆめゆめ 忘れる事なかれ あらがえぬ無常を 辿るは 人のさだめ
叩き散るしぶきを 手向けと受けよ この舞 眼に焼きつけよ
a a
打ち放つ激浪 硬き地も砕く 嵐よ吼えて 萌える山も喰らえ
命の果てに帰す黄泉も 我にあり 輪廻 続くは 我の徳なり
a a
満ちて 恵み与え 引きて またさらう 晴れて 花咲き 陰り しおれて
うたかたの者達よ 我 ここにあり 遥か仰げ 我 ここにあり

コメント

  • カヲス!?って言ってゴメンネ☆ -- 名無しさん (2009-06-15 20:28:26)
  • あの・・・題名はなんて読むのですか?教えてください。 -- みすp (2010-05-07 17:20:24)
  • ↑「こんとん」と読みます -- 暗澹 (2010-05-07 20:27:11)
  • 何度聞いても鳥肌もん -- 名無しさん (2010-09-07 00:49:44)
  • かなりいい。 -- 名無しさん (2015-12-17 20:10:22)
名前:
コメント: