花蝶連歌

かちょうれんか【登録タグ: ヨルサリのクロ 初音ミク

作詞:ヨルサリのクロ
作曲:ヨルサリのクロ
編曲:ヨルサリのクロ
唄:初音ミク

曲紹介

  • ヨルサリのクロ氏としては初のボカロオリジナルとなる曲。

歌詞

月明かり ひらひらと 舞ふ蝶のあはれよ
休む葉も すゝる蜜もなく 落つるかばね
時明かり 雪は川 朝露に消ぬべく
日は巡り 死は生に 廻る廻る彼方

☆嗚呼 花 無心にして蝶を招き (蝶 無心にして花を尋ぬ)
 花 開く時、蝶ひらり (蝶 来たれば、花ひらり)

★吾れも亦人を知らず (人も亦吾れを)
 知らずして帝に則りて従ふ不可思議 (不可思議哉)

葉を濡らす 黄梅の 雨に散りぬる(かざ)
季は巡り 生は死に 廻る廻る此方

☆繰り返し

★繰り返し

百とせは花に 宿りて過ごす
うつしよは蝶の夢 (常夜に還る)

★繰り返し

月明かり 照らす (雪明かり 尋ぬ)
はかなしや

コメント

名前:
コメント: