レントゲン

れんとげん【登録タグ: 鏡音リン 107

作詞:107
作曲:107
編曲:107
唄:鏡音リン

曲紹介

  • 107氏 の3作目。
  • 暗いけど白リンです。よろしく聴いて下さい。(作者コメ転載)

歌詞

ピアプロより転載)

誰かがささやき 聞こえてないフリ
誰かが呟く 鋭利な言葉に
わずらわしいこと 目に見えないフリ
朝 昼 夜 夢 いつまで続くの

かったるいの 喋る事
気付いたときはもう手遅れ
目の前のドアに手をかける開けないで夢の中、、

見えない
ここは暗すぎて息もできないの
ほら透けてく心はレントゲン
救いきれないあの頃の私はどこかへ
ほら見て、綺麗、透けてく、淀む心

夢がさめる 明日さめる
夢がさめる 終わる

言えない
君に、酷過ぎてホントのことなど
ねぇ、嘘つき、私はレントゲン
冷える心
感情が首を締め付ける
ねぇ、歪(ひず)んでく私の黒い心

ある朝目覚める すべてを失う
築いたすべてが無くなればいいのに

私の名前 なんだったっけなぁ
ダメなの、思い出せない
誰かのマネよ
私の名前 なんだったっけなぁ
もう少し、思い出せそう
誰なの

かったるいの 生きる事
気付いたときに手を差し伸べて
目の前のドアに手をかけて
開いてみるの君の中

覚めない夢が何度も私を呼びとめる
ほら、消えてく感情 行かないで
隠す心
感情が首を締め付ける
ねぇ、誰のせい、淀んでくこの心

見えない
ここは暗すぎて息もできないの
ほら透けてく心はレントゲン
救いきれないあの頃の私はどこかへ
ほら見て、綺麗、透けてく、淀む心

夢がさめる 明日さめる
夢がさめる 明日終わる

コメント

名前:
コメント: