僕の春色

ぼくのはるいろ【登録タグ: kerocchi 初音ミク
作詞:kerocchi
作曲:kerocchi
編曲:YW~
唄:初音ミク

歌詞

(ピアプロより転載)

それは君に合う桃色の風
そっと頬に優しく触れる
春の便りの小さな声
僕の心を暖めてくれる

ゆっくりと広がり始めてる
はるいちに雲が攫われ
目映く輝き出す世界
春の笑顔がほころんでゆく

君に初めて出会った時も
こんな季節だった 憶えてる
あの場所に今、僕は向かうよ
いつも君と一緒に歩いていく為に

花の精も目覚め始める
素敵な色を見せてくれる
緑の衣(きぬ)も綺麗だよね
僕の心を躍らせてくれる。



陽(ひ)に照らされて咲き誇る
花の中 出会えた喜び
想い込めて たった一言
つむぐためにどれだけの

時間(とき)を費やしたのだろう
ぎこちない僕に歩み寄る
君の掌は僕に幸せの鼓動を渡してくれる

恋の精も目覚め始める
僕にだけ見せてくれる仕草
こんな君もいたんだよね
そんな君を愛しく想う



青い空と光の中で
風と花びらのダンスを今
ときめく胸を押さえながら
やっと出会えた君と共に
君の笑顔が僕の春色

ずっと君の隣が僕の居場所さ


コメント

名前:
コメント: