シンクロニシティ

しんくろにしてぃ【登録タグ: L-tone luna note 鏡音リン

作詞:note(L-tone)
作曲:note(L-tone)
編曲:luna(L-tone)
唄:鏡音リン

曲紹介

炭酸系ロック!
  • L-tone6作目。
  • これはいい意味で一時停止させてくれる。
  • 最後まで聞くべき。

歌詞

繋がる世界と 信じていながら
そう 眠れずに 月と踊る
わずかな傷痕さえ 見せびらかしては
そう 目を赤く 問いかける

泣き疲れた頃に どうでも良くなった様な
創造に さらわれる
隣り合わせで今日が 崩れ去って行く様な
狂想に 紛れ込む

透明の過去 朽ち果てて

繋がった 想いと 言の葉の中
吐き出して 崩れて 可笑しくなって
重なった 衝動と 手のひらの中
こうやって 無邪気に 流されて行くの

甘美なモノだと 軽蔑していた
そう 幽玄に 騙される
諦めが付く頃に 汚れた指先
そう 突きつける 突き立てる

手持ちご無沙汰と にらめっこさ

歪んだ 空が ヒラヒラ落ちて
騒音に 群集に 身を任せてさ
空白の 2歩先に 恐れもしらず
僕だって いつだって 分かってた筈なんだ

何だったって こうやったって 俯いてたと
確かめたって わかんないって 頷いてみた
偶然と 必然に 亀裂が走る
離れて 目を見て 「またどこかで」

同じ空だと 誰かが歌うと 聞きたくないと 狭くなって
ありふれていた すでに完成系の 言葉並べて 笑えれば…
いいな

繋がった 想いと 言の葉の中
吐き出して 崩れて 可笑しくなって
重なった 衝動と 手のひらの中
こうやって 無邪気に 流されて行く

コメント

  • 新黒煮シティ!! -- pika (2011-06-14 21:23:42)
名前:
コメント: