ミライノート。

みらいのーと【登録タグ: GUMI ぱん 初音ミク

作詞:ぱん
作曲:ぱん
編曲:ぱん
唄:GUMI,初音ミク

曲紹介

  • ぱん氏のオリジナルボカロ曲11作目
  • 第11弾は初PV付きのエレクトロニカ(作者マイリスコメント転載)
  • イラスト・動画をぼうし屋氏、キーボードソロをNY氏が手掛ける

歌詞

A
あくびばかりでいつも退屈な
いたずら好きの神様は
今日も手持ち無沙汰で
ゴシップ好きの天使と下界を
眺めながら のんびりと
テンシノウタ。口ずさんでる

授業中に落書きした夢を
のせて飛ばした紙飛行機
天まで届くようにと
そんなボクを見てキミが笑う
ありふれた日常景色
ヤワラカナアサニ。咲いた

B
遠く 絵に描いたような空を
見つめる キミとボクの物語

C
大切なもの詰め込んだ 
スクールカバンかごに投げ込んで
二人のりした自転車こぐ 
4月の風のトンネルの中で

D
「幸せ」がどういうことか
ボクにはまだわからないけれど
今あるこの気持ちを綴るよ
書きかけの日々とミライノート。

A
新しいものをみんなはいつも
探して彷徨うけれど社会は予定調和で
大人は見て見ないふりが好きで
建前で隠れてばかり 誰かの福音を待ってる

B
遠く 絵に描いたような空へ
飛び出そう 今加速度をあげて

C
気に入らないこと必然社会
生きてる意味ググっても書いてない
未知の道でさすらうドリーマー
「僕らは何処に向かってるの?」

D
「幸せ」がどういうことか
わからなくなりがちな世界だけど
勇気出してワンステップ
両手で開けるよ未来の扉。

D
何気なく進む日々が
かけがえのないものなんだと
やっと見つけた 永久の探し物
キミと奏でる 未来の音。
「幸せ」がどういうことか
ボクにはまだわからないけれど
今あるこの気持ちを綴るよ
書きかけの日々とミライノート。
「幸せ」がどういうことか
ボクにも少し見えてきたんだ だから
今この気持ち綴るよ
キミとボクの日々とミライノート。

PIAPROより転載)



コメント

名前:
コメント: