罪ほろぼし

つみほろぼし【登録タグ: u-z 初音ミク

作詞:u-z
作曲:u-z
編曲:u-z
唄:初音ミク

歌詞

ピアプロより転載)

夜を照らす屋台灯の種
夏の薫り蝉しぐれだね
耳に残る鳴り止まぬ声
「がり…がり…がりがりがり…。」
嗚呼…夏も終わりのほうね
火種残る線香花火
熱が残る胸のノイズが
「がり…がり…がりがりがり…。」

嗚呼…ひゅるり風が舞い
嗚呼…揺れる髪飾り
嗚呼…くるり廻す袖
嗚呼…夏の咲き花火
嗚呼…あざみ揺れる感じ
嗚呼…君に残した声…。
夏の理の印。

君がくれた織姫星が
今も君をまだ探してる。
あの日君と交わした契り
聴こえてくる…
「がりがりがり…。」
君と行ったあの夏祭り
今も胸にまだ残ってる。
あの日君が残した言葉
聴こえてくる…
「がりがりがり…。」
「がり…がり…がりがりがり…。」

君が消えて四つ年が経ち
今年もまたひぐらしのこえ
懐かしさと切なさのこえ
「がり…がり…がりがりがり…。」

嗚呼…ひらり風に舞う
嗚呼…君が残した声…。
涙枯らすまで鳴いた…。

君がくれた織姫星が
今も君をまだ探してる。
あの日君と交わした契り
聴こえてくる…
「がりがりがり…。」
君と行ったあの夏祭り
今も胸にまだ残ってる。
あの日君が残した言葉
聴こえてくる…
「がりがりがり…。」
「がり…がり…がりがりがり…。」

コメント

  • 相手を想いすぎると哀しき事になる。それでもやはり、相手を想うのを辞められない。僕にはそんな風に感じました。 -- --風華-- (2012-01-07 09:55:18)
  • がりがりが印象的。 -- 名無しさん (2016-12-19 10:26:36)
名前:
コメント: