ナゲキノツバサ -the Wing of Grief-

なげきのつばさ【登録タグ: 初音ミク 目玉焼きP

作詞:目玉焼きP
作曲:目玉焼きP
編曲:目玉焼きP
唄:初音ミク

曲紹介

誰でも自分自身の世界の中心には自分がいたりして。
そんな世界の崩壊と現実逃避。

歌詞

ピアプロより転載)

Day 歩き疲れて流れていた
Sigh 闇に沈み溶けてゆく響きに
Lie 絡み付いてく喉の痺れが
say 痛みと共に踊りだした

Ah...! 意味はあるのか?
そう、望んでいるの?
駆け出した 足元に道は無い

消えてゆく私のブバルディア
散り行く運命を手のひらに載せ
消えてゆく光の海の中で
私は一体、何を見つけるの?

崩れ落ちてゆく黒い雫は
腐り爛れた私の影

Ah...! この手のひらに
つかめる物など
何一つ、無いというのだろうか?

美しき、孤独な砂の城を
涙の津波が押し流してく
滅び行く、この世界を飛び立ち
去り行く私に、ツバサをください

消えてゆく私のブバルディア
散り行く運命を手のひらに載せ
風も無く、音も無いこの世界を
今こそ飛び立つ『ナゲキノツバサ』で

コメント

名前:
コメント: