さやけしよる

【登録タグ: φ 鏡音リン 鏡音レン

作詞:怜依
作曲:φ
編曲:φ
唄:鏡音リン・レン
(メロディにAppend・Power、ACT2使用。コーラスにPower以外のAppend使用。)


歌詞

ピアプロより転載。)
{()内は読み。}
月明かり 酔い 虎がなく 清(さや)か風 凪(な)ぐ 残月(ざんげつ)の
朝未(あさまだ)き 途(みち) 行く先に 彼(か)は誰(たれ) 待ち人よ

呼ぶ声に招かれて 誘い水 地を駆ける 闇の中
夢か幻か 現世(うつしよ)の雲 いざ 嗤(わら)えや この身全て

(リンの歌詞)
イェト リェト テ タ シャン イェト シェ ト テ タ リャン
イェト シェト セ タ ルェ シャル リャン リェ 彼が啼(な)き
イェト シェト テ ト リャン イェト リェ ト テ タ シャン
イェト リェト レ テ トェ リャル シャン シェ 月に詠(うた)う
(レンの歌詞)
イェト シェト テ ト リャン イェト リェ ト テ タ シャン
イェト リェト レ テ トェ リャル シャン シェ 虎は悔い
イェト リェト テ タ シャン イェト シェ ト テ タ リャン
イェト シェト セ タ ルェ シャル リャン リェ 月に嘆く

叶わぬと知りながら 旧詩(ふるうた)を 響かせる 闇の中
往昔(おうじゃく) 追懐(ついかい)しは 過ぎた夢 さぁ 嘲(あざけ)りゃ この身全て

(リンの歌詞)
イェト リェト テ タ シャン イェト シェ ト テ タ リャン
イェト シェト セ タ ルェ シャル リャン リェ 彼は堕ち
イェト シェト テ ト リャン イェト リェ ト テ タ シャン
イェト リェト レ テ トェ リャル シャン シェ 声が揺らぐ
(レンの歌詞)
イェト シェト テ ト リャン イェト リェ ト テ タ シャン
イェト リェト レ テ トェ リャル シャン シェ 虎が起き
イェト リェト テ タ シャン イェト シェ ト テ タ リャン
イェト シェト セ タ ルェ シャル リャン リェ 天に哮(たけ)る

(リン)あまねき人世(ひとよ)の全てに 夢見た懐(おもい)は笑い草
(レン)そりゃ 見上げりゃ頂き 哮(たけ)れば轟(とどろ)き 嘆くは 定めか この業(ごう)か
(リン)さあ 懼(おそ)れ啼(な)け
(レン)哀れめやせん
(リン)そら 暁角(ぎょうかく)だ
(レン)もう戻りゃせん

(リンの歌詞)
さあ 駆け上がり 落ちた月 告別(さよなら)だ
イェト シェト テ ト リャン イェト リェ ト テ タ シャン
イェト リェト レ テ トェ リャル シャン シェ 道を違(たが)え
イェト リェト テ タ シャン イェト シェ ト テ タ リャン
イェト シェト セ タ ルェ シャル リャン リェ 丘を越える

(レンの歌詞)
さあ 振り返りゃ 暁に 告別(さよなら)だ
イェト リェト テ タ シャン イェト シェ ト テ タ リャン
イェト シェト セ タ ルェ シャト リャン リェ 帰路(きろ)を失くし
イェト シェト テ ト リャン イェト リェ ト テ タ シャン
イェト リェト レ テ トェ リャル シャン シェ  空に咆(ほ)える

(リンの歌詞)
イェト シェト テ ト リャン イェト リェ ト テ タ シャン
イェト リェト レ テ トェ リャル シャン シェ  白む朝に
イェト シェト テ ト リャン イェト リェ ト テ タ シャン
イェト リェト レ テ トェ リャル シャン シェ 彼が消ゆ

(レンの歌詞)
イェト シェト テ ト リャン イェト リェ ト テ タ シャン
イェト リェト レ テ トェ リャル シャン シェ  明ける夜に
イェト リェト テ タ シャン イェト シェ ト テ タ リャン
イェト シェト セ タ ルェ シャト リャン リェ 虎が酔う



コメント

  • ページ作成しました。 これは神曲です!!!!!!! -- 鏡音咲夜★ (2011-08-12 09:37:45)
名前:
コメント: