トビラナナイロ

とびらなないろ【登録タグ: ソライロP 鏡音リン

作詞:ソライロP
作曲:ソライロP
編曲:ソライロP
唄:鏡音リン

歌詞

PIAPROより転載)

叩いた胸の鼓動まだ覚えてる
声を上げて伸ばした手のひらも

だけど影を作る曇り空を
いつのまにか追いかけていたね

もしも世界が変るならば
この扉を強く開いてさ

空を翔る翼のように両手広げて
いつか描いた未来の地図を
高く空にかざして

変りはじめる風の音色を心に受けて
大切なものこの胸にある
色褪せない夢を信じてるから


過ぎてく明日にさえ気づけなくて
見失った昨日の姿も

移り流れていく季節の中で
ただひとつ輝いていたんだ

どんなときでもそばにいたね
その想いを強く抱きしめて

歩きだせるスタートラインを越えてゆこうよ
君が選んだはるかな道を
輝く星が照らして

明けてゆくまだ見ぬ世界がそこで待ってる
曇り空から射した光が
やさしく君を包みこむから

もしも世界が変るならば
君の扉を強く開いてさ

ひらけた空果てしなく蒼くて少し流れた
涙きらめく奇跡に変る
君の願いをのせて

忘れないで君とつなぐ絆がそばにあること
僕は歌うよ君の涙が
笑顔に変るその時まで
信じてるから
とどけ君に

コメント

名前:
コメント: