世界の終わりに。

せかいのおわりに【登録タグ: やみくろ 巡音ルカ

作詞:やみくろ
作曲:やみくろ
編曲:やみくろ
唄:巡音ルカ

曲紹介

『君が笑えば僕は思うよ、出逢えてよかった』

歌詞

ピアプロより転載)

僕の存在に立派な意味なんてなかった
数十億から一人減ったところで何も変わんないと思ってた

だけどあの夏の日、夏祭り、冗談交じりだけど君が言った
「十年後、子供つれて また来ようね。」
僕があと十年、生きる理由になった

満たされない想い、不安感を埋めるものは
意外に溢れてたり近くにある事を知るまでに
どれだけ人を傷付けた?…こんなに時間が掛かってた
でもね、だからこそ言える
『生まれてよかった』
よかった。


一年毎の記念日に君の歌を作ろう
この歌が記念すべき一曲目だね
曲名は君に決めてほしい
白い家を建てよう 大きな犬を飼おう
子供が大きくなっても名前で呼び合おう

下らない事でも笑い合えるような瞬間を 
1つずつ大切にしてくよ いつだって
笑い声がこだまする様な日々を抱きしめて居たいから
君が笑えば僕は思うよ
『出逢えてよかった』

呆れるくらいに笑う日を探し
泣き飽きた昨日に告げるサヨナラ
右手は左手に、想いは心に
ほら、今、繋がってく。


満たされない想い、不安感を埋めるものは
意外に溢れてたり近くにある事、気づいた日
明日は僕を望んだよ、この気持ちに名前を付けるなら
なんて付けよう?意味は きっと
『生まれてよかった。』


世界の終わりに、命消える日に
胸張って言えるかな?

「君を愛した」

消えそうな約束も、綺麗事さえも
信じてみたいんだ…!

前向く心に照らし出す光
空け始める空、始まってく今日
俯いた 昨日も
ぼやけた明日も
ほら 今、色づいてく。

ほら 今、色づいてく。

コメント

名前:
コメント: