春はあけぼの

はるはあけぼの【登録タグ: tamachang 初音ミク

作詞:清少納言
作曲:tamachang
編曲:tamachang
唄:初音ミク

曲紹介

  • tamachang氏のボーカロイド楽曲4作目。
  • 言わずと知れた清少納言の随筆「枕草子」を歌詞に無伴奏混声合唱として編曲。
  • 投稿時点で氏が男性VOCALOIDを所有していなかった為、低音パートはミクのパラメータを調整している(所謂ミクオ)。

歌詞

(随筆『枕草子』より)

春はあけぼの やうやう白くなりゆく山ぎは
少し明りて紫だちたる雲の細くたなびきたる

夏は夜 月の頃はさらなり
闇もなほ蛍の多く飛び違ひたる
またただ一つ二つなど ほのかに打ち光りて行くもをかし
雨など降るもをかし

秋は夕暮 夕日のさして
山の端(は)いと近うなりたるに 烏の寝どころへ行くとて
三つ四つ二つ三つなど 飛び急ぐさへあはれなり
まいて雁などの列ねたるが いと小さく見ゆるはいとをかし
日入り果てて風の音虫の音など はたいふべきにあらず

冬はつとめて 雪の振りたるはいふべきにあらず
霜のいと白きもまたさらでも いと寒きに火など急ぎ熾(おこ)して
炭もて渡るもいとつきづきし 
昼になりてぬるくゆるびもていけば 火桶の火も白き灰がちになりてわろし

春はあけぼの 春は・・・


コメント

  • これは覚えやすい!! 今丁度国語でやってるから役立つb -- mm (2012-02-05 00:13:22)
  • 雪の降りたるはいふべきに「も」あらず だよね?教科書見たけどw -- 名無しさん (2012-04-27 22:39:56)
名前:
コメント: