アスファルトの上の僕の歌

あすふぁるとのうえのぼくのうた【登録タグ: Cross Quietif T28 初音ミク

作詞:T28
作曲:Cross Quietif
編曲:Cross Quietif
唄:初音ミク

曲紹介

  • コンピレーションアルバム『SnowLandscape』収録曲。

歌詞

作者ブログより転載)

僕らの町に星が広がった
かたいアスファルトの上の僕の歌

必死に考えた言葉もいざ君の元へと
届いたものはあまりにもありふれたものだ

水平線をなぞる指先がいつもの海と滲んでいく

見たことのない景色に転がっていたのは
いつも君を見守っていたものだった

差し出した手は夢中で自分の掌の
大きさを気にしている程の余裕はないんだ

瓦礫の上の空は穏やかだ
それはもう変わり映えのない青い色

耳を塞ぐ君はまだ誰も見えない場所
嗚咽一つこぼしても響かない

僕らの町に星が広がった
かたいアスファルトの上の僕が

必死に考えた言葉もいざ君の元へと
届いたものはあまりにもありふれたものだ

だけどひとつひとつのそれらで手をつないでさ
必死に歩き続けている君へ伝えたいんだ


コメント

  • 好きです!! -- 名無しさん (2011-11-23 16:57:51)
  • まだ聞いたことないけど良さげだな。聞いてくる -- 名無しさん (2011-11-23 17:15:48)
  • 大好きです。この曲に出会えて良かった!! -- きなこ。 (2012-02-26 22:31:44)
名前:
コメント: