かがくしゃのうた

かがくしゃのうた【登録タグ: GUMI 前略P

作詞:前略P
作曲:前略P
編曲:前略P
唄:GUMI

曲紹介

発明に犠牲は付き物です。
それが人命でも、独裁者にとっては犠牲の一つに過ぎませんでした。
人はもう殺したくない、ただそれだけ。
  • 前略P の8作目。「暗幕と一人芝居シリーズ」(Blackout Curtain Record E.P.)の第3章。
  • 人々のためにと行っていた研究。それはたくさんの人を殺してしまいました。科学者は国に抗い、そして最期の時を迎えました。そんなお話。(作者コメ転載)
  • 「これで人々の暮らしが豊かになる。」そのはずだった。戦勝国の科学者が開発したとある「モノ」は軍事転用された。そして、他国の人間をたくさんたくさん殺してしまっていた。
    万歳と悲鳴の間で生きる事は出来なかった。娘の笑顔を最後まで見ていたかったけれども、今の僕には遅過ぎた…。(「手紙ブログ」より引用)
  • イラストは うさこ氏 が手掛ける。

歌詞

科学者、逃げ出した 悲しい鳥になって…
人々、笑った 子守唄は空へ…

パパはどこへ行くの?
「少し」遠いとこだよ
すぐに帰ってくるの?
ごめんね、帰れそうにないんだ…

「少し」だけ眠るよ 幸せになってね

声を聞かせて
君は泣き出して 僕に抱きついたんだ
ごめんね ごめんね
どうか悲しまないで
さあ、花を持って 笑ってみて…

前略、お元気ですか。月が……
もう忠誠を誓わなくても……
私は国家に抗い逃げ出し……
すぐに裁判にかけられ銃……
最愛の娘に何も残せずに……
だめな父親を許して下さ……
それでは、さよう……
どうか幸せに……

嗚呼、大事にしていた人たちの
A、B、C の音 聞こえない、聞こえない
嗚呼、賛美歌を歌っていた人たちは
僕の発明で 空へ登っていったんだ

少しだけ眠るよ…

ごめんね… ごめんね…

声を聞かせて
僕は泣き出して 君に抱きついたんだ
ごめんね ごめんね
嗚呼、どうか許してね
最後の夢は 君のそばで…

科学者、逃げ出した 悲しい鳥になって…
人々、笑った 子守唄は空へ…

コメント

名前:
コメント: