ひかり > akahori

ひかり【登録タグ: akahori 鏡音レン
作詞:akahori
作曲:akahori
編曲:akahori
唄:鏡音レンAppend

曲紹介


歌詞

遥かな時の中を ひとり歩き続ける
忘れられた花の名を そっと呟いた

かじかむ左手に 今も残る傷跡は
微睡む思い出を 嵐のように揺らす

名前のない星々が 映しだす道を行く人よ
あなたの辿るひかり いつも忘れないでいて


緋色に染まる樹々に めぐる季節数えても
届かないこたえを ひとり問いつづける

滲む文字をなぞり 過ぎし日を繰り返す
重なる思い出に 懐かしい花が揺れた

風の凪いだ草原に 黄金の夢を語る人よ
数多の記憶を追う 小さなかけら結ぶように


何処までも続く 光の足跡は
まるで深海の万華鏡のように
瞬き煌めいているから


形のない憧憬が 時の螺旋を繋ぐように
幾億もの軌跡が 新たな風をつくるだろう

名前のない丘を越え 果てのない道を行く人よ
あなたの残すひかり どうか忘れないでいて

コメント

名前:
コメント: